2011年12月 3日 (土)

わらび、検査にいく。

 今日は午後1時から6時まで取材でじっくりお坊さんのお話を聞いた。予定では5時までだったのが、話がはずんでおさまらず、終わってみたら6時頃……さすがに終わったらどっと疲れてきた。
 先週の土曜日の夜、わらびがひどいくしゃみとともに鼻血を出したのでびっくり仰天、鼻血は初めてのことだったので救急に行こうか迷ったが、すぐに落ち着いて元気に食べているので、様子を見て、結局翌日、かかりつけの獣医さんのところへ。ウィルス感染か、あるいは鼻の中に腫瘍ができている可能性、とのことで抗生物質をもらってきた。食欲その他いつもと変わらず元気なのでひとまずは安心しつつも、腫瘍だったらどうしようと思いながら毎日2回お薬(顆粒)をご飯に混ぜて食べさせている。今日で1週間になるが、あれから鼻血はなく、至って元気に過ごしている。そろそろ薬がなくなるので担当の先生に電話したら、調子が良さそうなら薬は飲みきってそのまま様子を見るようにして、またひどいくしゃみを何度もするようなら連絡してください、とのことだった。
 なんといってももう20歳だから、人間で考えても身体のあちこちがおかしくなってきてもおかしくない年齢。むしろ、ここまで大病もせずにきたことが珍しい、といっていいのかもしれない。でも、まだまだ、もっともっと元気に長生きしてほしい。今年は忙しくて外に出ている時間が多く、そのためにわらびのことをしっかり見れてあげられない日が続いていたから、自分で反省もした。これからはもっとしっかり、ちょっとでも日頃と違うようなことがないか、じっくり観察してあげないと、と、想いを新たにしているのでありました。

2011112718510001


診察台の上で、隣の部屋のわんこの声を気にするわらび。ちょっとブレブレ......。

| コメント (0) | トラックバック (0)