« 2020年5月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年6月27日 (土)

ブックカバーチャレンジの補足その7

 フェイスブックでやってみたブックカバーチャレンジ。本編は表紙写真をアップして本の詳しい説明は必要なし、というものだったので、ここではそれぞれちょこっと補足してご紹介することに。
 最後の7冊目は、『タマ、帰っておいで』(横尾忠則)
 2014年に亡くなった愛猫タマに捧げた91点のタマの絵と、文章。一つひとつの絵と言葉に溢れるタマへの深い愛が感じられて、思わず涙が。しばらくしてまた読み返しても、やっぱりあのページ、このページで涙が。自分の経験と重ね合わせてみたりもするし、にゃんこだけでなく、わんこやほかの生き物たちと一緒に暮らした経験のある人には、“あるある”がたくさんあるのではないかと思う。実際、インスタでこの本を紹介した際には、「表紙とタイトルだけで、花の奥がツーンとなります」とか、「これ見てるだけでも、ポチが死んだら、って思って泣けてくる……」などのコメントをくださった方々もいたりして。とても愛おしい1冊です。
 横尾さんTシャツと一緒に撮ってみました。

Img_2046

 

| コメント (0)

2020年6月10日 (水)

ブックカバーチャレンジの補足その6

 フェイスブックでやってみたブックカバーチャレンジ。本編は表紙写真をアップして本の詳しい説明は必要なし、というものだったので、ここではそれぞれちょこっと補足してご紹介することに。
 6冊目は『完璧な病室』(小川洋子)
 芥川賞を受賞した『妊娠カレンダー』を読んで興味を惹かれ、もっと読んでみたいと思って買ったのがこの本。単行本としてはこちらが先に出されていて(1989年発行)、『妊娠カレンダー』の書籍化は、91年だった。一時期は新刊が出るたびに買っていた小川さんの作品。誰の心の中にもあるちょっとした毒の部分、例えば他者に対する妬みとか、冷徹さとか、そういうものを決して派手でなく静かに描いてみせているような、そんな雰囲気が好きだった。2000年代になると、第一回本屋大賞に輝いて映画にもなった『博士の愛した数式』が有名だが、あれもまた良かったな。
 小川さんの本は装幀も好きなものばかりで『妊娠カレンダー』は山本容子さん、『完璧な病室』は岩佐なをさん、と、画家の装幀、装画も少なくない。昔、レコードのジャケット買いというのがあったが、小川さんの本は "表紙買いしたくなるようなものも多い。今でいうなら、私にとって“刺さる”ものが多かった、ということになるんだろうか。
 90年代に雑誌「フラウ」ともう一つの媒体で、小川さんにインタビュー取材をさせていただいたことがあった。1度目は当時の岡山のご自宅にうかがって、まだ小さなお子さんがお昼寝中か、遊んでいる傍らでお話を聞いた記憶がある。今は2020年。遠い昔の話になってしまったけど。

Img_1992

| コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

ブックカバーチャレンジの補足その5

 フェイスブックでやってみたブックカバーチャレンジ。本編は表紙写真をアップして本の詳しい説明は必要なし、というものだったので、ここではそれぞれちょこっと補足してご紹介することに。
 5冊目は『2ひきのねこ』(宇野亜喜良)
 猫関連本はいろいろと持っているが、この絵本はとにかく宇野亜喜良さんの絵が好きで。さらに、出てくるにゃんこたちが絵としてかわいい上に描写がとてもリアルで猫あるあるで、それがまたかわいくてたまらない。内容は宇野さんの愛猫の実話に基づくお話なのだそうで、だからこそこの猫の描写の鋭さに磨きがかかっているんだろうと思う。
 猫好きの家ではどこもきっと猫関連ものがたくさんあるのだろうが、うちも書籍(小説、写真集、漫画……)や置物など、けっこうな量になってきている。コロナ禍の外出自粛の日々で、(私にしては珍しく)片付けなども当然いつもより時間をかけてやったが、それらは“捨てるもの”にはならないので、これからも増える一方、なのかなぁ……でもそれは年のことも考えるといい加減、ちょっとやばいよね、と思っているのも事実です(-; )

Img_1966

| コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年9月 »