« ブックカバーチャレンジの補足その3 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その5 »

2020年5月29日 (金)

ブックカバーチャレンジの補足その4

 フェイスブックでやってみたブックカバーチャレンジ。本編は表紙写真をアップして本の詳しい説明は必要なし、というものだったので、ここではそれぞれちょこっと補足してご紹介することに。
 4冊目は、宇野信夫著作集『江戸の夢』。
 志の輔の落語で聞いた『江戸の夢』に感動して、原作を読んでみたいと思って入手。発行は昭和431968)年で、レトロな装丁もなかなか素敵。宇野信夫さんのことは落語を聞くまで知らなかったのだが、歌舞伎や落語の話を多く書かれていて、なんと昭和281953)年に、それまで長く上演が途絶えていた近松の『曽根崎心中』を脚色・演出して復活上演したというお方であった。舞台は新橋演舞場。お初と徳兵衛は二代目中村扇雀(=四代目坂田藤十郎)と二代目中村鴈治郎がつとめ、社会現象と言われるほどの大人気に。そして、その翌々年に文楽でも復活上演された。歌舞伎の“曽根崎”は現在もこの宇野版の脚本と演出で上演されているのだそうで……考えてみたら、歌舞伎の曽根崎はまだ生ではちゃんと観たことないかもしれない。文楽ではちょくちょく観ていますが。
 『江戸の夢』は、もともと6代目圓生のために書かれたもので、本の後記(あとがき)には、こう書かれている。
 「東京放送から、三遊亭円生(記述のまま)の為に一時間の人情噺を依頼されたのは、三十七年の春であった。私は戦前、六代目菊五郎と中村吉右衛門で上演した「人情噺小判一両」を人情噺に書き直して渡した。円生はこれを放送し、独演会でも口演した。続いて「江戸の夕立(大名房五郎)」「うづらごろも」「江戸の夢」の三篇を、円生の為に書いた。円生はラジオやテレビで放送し、独演会でもこれを勤めた。」(以上、抜粋)ちなみにこの本の中には、「小判一両」、「うづらごろも」、「江戸の夕立」、も収められていて、さらに別の3篇も。満載です。
 最初に志の輔の「江戸の夢」を聞いたときのことは2009614日の拙ブログにも書いているが(にゃんともう11年も前......)、さっと要約すると、主人公は奉公人から庄屋の娘婿になった藤七という男。その素性が全くわからないままだったのだけれど、ある時、庄屋の夫婦が江戸見物に行くことになって話が動きだす......(以下省略)。とにかく、終わり方がなんともスカッとして、気持ちのいい噺。志の輔師匠は圓生師匠のご遺族に了解を取って、この噺を自分の高座にかけるようになったそうだが、志の輔らくごの中でも、わたし的には特に好きなものの一つだ。清々しい青空にツバメが飛ぶ……季節はちょうど今頃か、もう少し後かな。
 ブックカバーの撮影は、噺の舞台が浅草ということで、現代の浮世絵師といわれる門脇俊一さんの『大江戸名所百景』の浅草のページとともに。

Img_1945

 

 

« ブックカバーチャレンジの補足その3 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブックカバーチャレンジの補足その3 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その5 »