« 雑誌「Coffee Break」最新号(vol.97)が発行されました。 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その1 »

2020年4月20日 (月)

来月も文楽公演は中止……。 

 今月の大阪に続いて5月の東京の文楽公演も中止が決まり、今月中に新聞に掲載予定だった出演者のインタビュー記事が掲載されないことになった。
 今回は三味線の方への取材。原稿はすでに出来上がって編集部に送っていた。個人的にもとても残念だけれど、今回のこのような事態は出演者だけでなく、公演に関わった全ての人にとって辛い現実だから、余計にやるせない。あらゆる舞台が今、中止に追い込まれている。歌舞伎も、お芝居も、ミュージカルも、落語も、音楽も、スポーツも、ほとんどすべてのエンターテインメントが(あ、競馬は無観客で開催されていますね)。普通に劇場や会場に出かけていける日が戻ってくるのは、いつになるんだろう……。今日も、1日も早い収束をお祈りしています。
 いま考えると、2月の東京の文楽公演が予定通り開催されたのは貴重なことだったんだなと思う。文楽は千秋楽の24日までぎりぎり乗り切ったが、その後は徐々にいろんな舞台が中止になっていって、今に至っている。2月の文楽公演では、竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫襲名の記事を書いた。錣太夫は江戸末期に誕生した名跡で、今回が80年ぶりの復活。襲名披露公演の「傾城反魂香」は力強い語りだった。写真は1月の東京新聞に掲載された記事です。

Img_0145

 

« 雑誌「Coffee Break」最新号(vol.97)が発行されました。 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌「Coffee Break」最新号(vol.97)が発行されました。 | トップページ | ブックカバーチャレンジの補足その1 »