« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月11日 (木)

寒波と冷たい雨と、強風

 昨日は夕方から渋谷方面へ出かけたが、分厚いコートとマフラーで何の違和感もない寒さだった。おまけに凍るような雨だし、せっかく長持ちしている桜は大丈夫だっただろうか……と思っていたら、今日は凄まじい強風……さすがにたくさん散ってしまったかも……。それにしても昨夜の寒さは唖然とするほどで、知り合いの中にはすでにダウンやコートをクリーニングに出してしまった人もわりといて、春のコートに厚着をしている人もいたのだが、例によってまだ衣替えもできていない私には真冬のコートの着納めができて助かりました。へへ。
 昨日今日は、つらつらと校正をやっていた。一部、修正リクエストがきたものに関して、担当の編集者さんとメールでやり取りをしていて、こういう内容は直接電話で話したほうが早いかもなあと思いつつも、相手にとっては電話よりメールのほうがベターなのかもしれない、と思ってこちらもメールで数回、返信。
 内容によっては、文字にするとなかなか的確に伝えられないこともある。でも、電話だと時間が経つと忘れてしまうかもしれないことも、メールだと何度もチェックして読み返すことができる。どちらがいいのか、もちろんケースバイケースなのだが。編集者さんによっては、すぐに電話をかけてくる人もいるし、いろいろだ。ともあれ、修正は無事に完了したから問題無し、なんだけど。昨日は久しぶりにちょっとそんなことを考えたりもしました。原稿の直しが終わったらダレてしまい、テープおこしができていないまま……

| コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

お疲れさまを、彼女にも。

 長年、見慣れていた景色が変わるのはなんとなく居心地が悪いというか、ぽかんとしてしまうものだ。たとえば、ウィンドウ越しにいつも美味しそうなパンが賑やかに並んでいた青山アンデルセンのビルが、閉店になってしまったためにその後、空きビルみたいになっている状況は、前を通るたびになんとなくの寂しさを感じるし、「サンデーモーニング」のコメンテーターの一番奥の席にいつもいた岸井さんのお姿が見られなくなったときは、やっぱり目が慣れるまで「ん?」と思ってしまった。
 通い始めて3334年になる渋谷のバーに22年間お勤めしていたヨコちゃんが先月末で退職されると聞いて、ラストデーに店に行ってきた。そこで、カウンターの中でいつものようにレコードをかけたりグラスを洗ったりして仕事をしている彼女の姿を見ながら、来週からもうあそこにはいないのか……と思うと、やっぱりぽかんとしてしまう自分がいた。なんだかんだいって、やっぱり22年は長い。30代から50代だ。ヨコちゃんはもっとずっと若いけど。でももし彼女が二十歳でお店に入ったのだとしたら今は42歳になっているわけで、そうすると人生の約半分をあの店で過ごしていたことになり、だとしたらまだまだこれからさらに長い人生の別のステージもあるわけだから、と勝手に考えてみたりして(辞める理由は特に聞いていないが、ネガティブな理由ではなさそうなので)。
 そして、そのようなことをいろいろと考えながらラフロイグのソーダ割りを飲んでいたところに、ふと気がつくとボブ・ウェルチの「Sentimental lady」が流れてきて……これは私が30代の頃にちょくちょくリクエストしていた曲……ヨコちゃんの顔を見ると、「マキノさんはこれですよね……」的なことを言ってくれて。覚えていてくれて、かけてくれたんだぁと、ふわっと感激。思えば、仕事帰りにいつも立ち寄って、酔って醜態さらして迷惑をかけるようなことはなかったけれど、長い間、いろいろと本当にお世話になりました。今頃は、朝、目が覚めて、あ、今日はお店に行かなくていいんだ……とか思ったりしている日々なんだろうか。とにかく、しばらくのんびりしてね。お疲れさまでした。

 

| コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

ウォッカさんお疲れさまでした。

 一昨日、ウォッカの訃報を耳にした。15歳だったという。驚いて、寂しい気持ちになった。2007年の日本ダービーを制した牝馬ウォッカ。10年前はまだよく馬券を買っていて、ウォッカは大好きでいつも応援していた。この拙ブログをチェックしてみたら、2007年から2010年にかけて4回ほどウォッカについて書いていた。昔、書いた自分の文章を読むのは恥ずかしいものではあるが。

 とにかく、ダービーのぶっちぎりの勝ちっぷりがしびれるほどカッコよくて、(馬番の相手を間違えたために馬券は外したものの)感激したのを覚えている。翌年の安田記念の勝ちも見事だった。いつも名だたる牡馬を相手にしながら本当に勝ち方のかっこいいお馬さんだった。2010年の引退後は繁殖馬としてアイルランドに行ったウォッカ。きっと、きれいな自然の中でゆるゆると暮らしていたんだろうと思う。本当に本当にお疲れさまでした。

http://www.jra.go.jp/news/201904/040301.html

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »