« 2016年11月 | トップページ | 2017年5月 »

2016年12月27日 (火)

感劇話その249 12月文楽公演はとことん忠臣蔵だった。

 年が変わらないうちに12月文楽公演のことを記しておかなければ。
 12月の文楽といえば例年は鑑賞教室が開催されるのだが、今年は国立劇場開場五十周年ということで、討ち入りのあった時期に合わせて『仮名手本忠臣蔵』を第一部、第二部に分けて、通しで。全11段を通しでやるのは珍しく、私も全段を見るのは初めてだった(1日で一気に、は10時間以上になるので、二日に分けましたが……)。
 第一部のハイライトはやはり塩谷判官切腹から城引き渡しの段へと続いていく部分だろう。和生さんの判官切腹のシーンは何度見ても見応え十分。水を打ったように静かになる会場。さすがだった。由良助が駆けつけてきたあたりで、もう涙と鼻水で鼻の周りがぐちゃぐちゃに。
 斧定九郎は落語の『中村仲蔵』を聞いて以来、密かに思い入れのあるキャラクターなんだけれど、文楽では意外にあっさりと描かれているからちょっと肩透かしな気分になってしまいがち……なのだが、もともと役どころとしては登場時間ともにそういう存在なのかもしれない。何しろ、全段通しは長丁場。
 第二部では、おかるの兄の寺岡平右衛門の存在が出てくることで、これまで見たものよりも話の流れがよくわかるのだった。心なしか、一力茶屋の段も山科閑居の段も、これまでよりもたっぷり詳しく上演されているような気分になったんだけど、これは気のせいだろうか。そして、これも初めて見た天河屋の段と、花水橋引揚の段。天河屋義平や、前半以来久々に出てくる桃井若狭之助らが俠気を見せ、彼らのような義士の周囲の人たちの行動が丁寧に描かれることで、物語に深みや面白さが増している気がした。やっぱり、端折らずにちゃんと見せる(見る)、って大事なんだよなあと改めて思った次第なのでありました。

Fullsizerender2

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

「Coffee Break」87号、先月末に発行されました。

 日中に今年最後の取材を済ませ、夜は忘年会。ある広告系のお仕事の打ち上げも兼ねた忘年会だったのだが、メンバーがほぼ「Coffee Break」と同じだった。今年もそのメンバーで楽しいお仕事をさせていただき、感謝、感謝。
 「Coffee Break」の最新号、87号は先月末に無事、発行されている。今回の巻頭特集はアムステルダムのカフェ。インタビューは元女子バドミントン日本代表、オグシオのオグこと小椋久美子さんと、俳優の別所哲也さんに。小椋さんに取材したのはリオ五輪の直前。女子バドミントンのメダルは硬いと力説されていて、本当にその通りになった。とりわけ女子ダブルスのタカマツ・ペアは金メダルを獲得し、小椋さんはちょうどその試合の解説も担当されていた。なので、記事としては後から、五輪後の小椋さんのコメントも追加で入れて構成した。別所さんにお会いしたのは、3、4年前にお芝居のパンフレットのためにインタビューして以来だったけど、最近はラジオのパーソナリティや報道番組の司会など、舞台以外にも八面六臂のご活躍だ。
 ”コーヒーと世界遺産の連載はバチカン市国。イタリアの世界遺産の取材で過去にもお世話になった池上英洋先生に取材。と、今年もいろんな人にお世話になって雑誌を作りました。が、来年はどういう感じになるのかなぁ……
 「Coffee Break」のウェブマガジンのほうも最新版に更新されているので、記事を読みたい方はこちらでも見ていただけます。
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine

Fullsizerender4 Fullsizerender5

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

雑誌「おとなスタイル」にて糸井さんを取材

 先月末に出た雑誌「おとなスタイル」(講談社)にて、糸井重里さんに取材。犬や猫とのご機嫌なつきあい方について聞きました。「おとなスタイル」のメインターゲットは50代女性。ある意味、犬猫を飼い始めるとしたら最後のチャンスの年代、といっていいかもしれないわけで。糸井さんが愛犬ブイヨンちゃんと出会ったのも50代。そのいきさつから、ブイヨンちゃんが家族になってから今日に至るまでの、自分の身に起こったさまざまな変化など、あれやこれや話していただいた。原稿には書けなかったけれど、今後の糸井さんの夢の話に思わず涙腺が決壊しそうになるのを必死でこらえたということもあったりして、私にはとても印象深い取材となった。
 考えてみたら糸井さんとはもう10年以上前(「ほぼ日」のサイト開設の後くらいかな……)に某誌の取材でお会いして以来だったけれど、「ほぼ日」は今や1日に150万以上のPVを誇るといわれる日本最大規模のサイトになっているし、関連のショップやギャラリーもできたり、わんこやにゃんこの写真満載のアプリ「ドコノコ」をスタートさせたりと、相変わらずのご活躍だ。私がわざわざいうことでもないけど、発想の泉とか、尽きることがない人なんだなあという感じ。じわじわと人を巻き込む力、というのかなあ……なんというか、とにかく凄いんだなあ。

Photo
ブイヨンちゃんが可愛いのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年5月 »