« 「Coffee Break」85号、春に発行 | トップページ | 感劇話その248 9月文楽公演は見応えたっぷりだった。 »

2016年6月15日 (水)

サントリーホールの情報誌で館長の対談記事を……

サントリーホールの情報誌Enjoy! Suntory HallVol.13 にて、館長の堤剛さんとパラリンピアンの佐藤真海さんの対談を記事にまとめています。
堤さんはコンサートで演奏を聴いたことはあるけれど、仕事でお話を聞くのは初めて。佐藤さんにお会いするのももちろん初めて。撮影場所の「ブルーローズ」(小ホール)に佐藤さんが現れるとたちまちホール内の空気が一変、照明がパーっと明るくなったような、すごいオーラのようなものを感じた。取材前に佐藤さんの著書を読ませてもらったけれど、言葉では表せないような、計り知れない辛いことをたくさんご経験されたであろうことは間違いないのに、多くの人の心を明るくさせるような笑顔でいることができるのは、つくづくすごいことだと感動した。
 対談は終始和やかに、会話も弾み、原稿もスムーズにあげることができました(笑)。音楽もスポーツも、人を感動させて笑顔にする無限の力をもっている。そんな世界でしのぎを削り続ける人たちの言葉は魅力的だ。ただ聞いているだけでも楽しいし、ワクワクする♪。

Photo

♪佐藤さんはママになってもさらに挑戦を続けている。


« 「Coffee Break」85号、春に発行 | トップページ | 感劇話その248 9月文楽公演は見応えたっぷりだった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントリーホールの情報誌で館長の対談記事を……:

« 「Coffee Break」85号、春に発行 | トップページ | 感劇話その248 9月文楽公演は見応えたっぷりだった。 »