« 感劇話その245 バック・トゥ・ザ・2015年末のカンゲキその2 micさんの一人芝居 | トップページ | Here I am again. »

2016年1月11日 (月)

感劇話その246 バック・トゥ・ザ・2015年末のカンゲキその3 笑い納めは“才原警部”だった♪。

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

 続いて、昨年のカンゲキを振り返る、の巻。2015の観劇納めは、世田谷パブリックシアターで『才原警部の終わらない明日』を観たのだった。この舞台、じつは事前に何も知識を入れずに行ったのだが、こんなにオモロい話とは知らなかった……終始笑いまくりだったなぁ。作・演出は福田雄一さん……33分探偵』、『コドモ警察』、『変態仮面』……思い切りバカバカしくて、でもちょっと突き抜けた笑いを手がけたらいまや右に出るものなし、の脚本家、演出家、放送作家、映画監督……なんだもん。可笑しいはずです。2015年も堤真一の舞台を数本見たけれど、堤さんのコメディ、やっぱりいいなあと改めて。さらに、勝地涼、鈴木浩介、志賀廣太郎、小池栄子、上地春奈、清水富美加、池谷のぶえと、“この人、何者?? ”的な濃いキャラの方々がずらりと出そろい、それぞれ一人複数役をこなしながら歌って踊って、なんかすごい勢いでお芝居が展開していく。え、ブラックジャック???? と、あっけにとられながら笑い続ける1時間50分。1年の観劇を派手に締めくくるにふさわしい舞台だった。
たしか年明けから今日までは大阪公演だったと思うけど、大阪の人もたくさん笑ったに違いありません。

A

パンフレット撮影は加藤孝さん

 

 

 

« 感劇話その245 バック・トゥ・ザ・2015年末のカンゲキその2 micさんの一人芝居 | トップページ | Here I am again. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その246 バック・トゥ・ザ・2015年末のカンゲキその3 笑い納めは“才原警部”だった♪。:

« 感劇話その245 バック・トゥ・ザ・2015年末のカンゲキその2 micさんの一人芝居 | トップページ | Here I am again. »