« 陶芸家、小野哲平さんのこと | トップページ | 感劇話その241 チョン・ミョンフン&東京フィル@サントリーホール »

2015年10月30日 (金)

感劇話その240 ホール&オーツがやってきた!

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

 今月の19日、ダリル・ホールとジョン・オーツが武道館にやってきた。30ん年前、同じ武道館で二人のコンサートを観た私は、やっぱり行きたくなって行ってきた。聞けば、来日は4年ぶりらしい。けっこう来てたのね、お二人さん。
 オープニングは「Maneater」で、いきなりノリノリ。その後も、ヒット曲ばかりで知らない曲はなかった。70年代の曲もいくつか……その中で「Las Vegas Turnaround」は、スチュワーデス(今ならCAね)の彼女のことを歌った曲だけど、学生の頃、仲良しだった子がスチュワーデス志望で、「私がスチュワーデスになったら、フライトでラスベガスに飛んだときに、空港に花束もってお迎えに来てね。そのときにこの曲もかけて……」みたいなことを男子たちに言ってたことがあって、以来、もう私はこの曲を聞くと必ず彼女を思い出すしくみになっている。彼女は予告どおりにちゃーんとスチュワーデス(今ならCAね)になったんだけど、誰かがあの望みを叶えてくれたのだろうか……そういえば、その後、聞いてなかったなあ……なんてことを思い出したり。まあまあほんとに、懐かしい曲が立て続けに
。2回目のアンコール、ほんとの最後の「Private Eyes」まで、みんな手拍子しながらリズムとりながら、だった。もちろんずっと立ったまま。高音はさすがにきつくなっていたけど、二人とも変わらず元気で、楽しかった!! 以前にもここで書いていると思うけど、若い頃に大好きだったアーティストたちが変わらず元気でライブやってるのって、ほんとに嬉しいし、新たな元気をもらえるよねー。

4a  2a

« 陶芸家、小野哲平さんのこと | トップページ | 感劇話その241 チョン・ミョンフン&東京フィル@サントリーホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その240 ホール&オーツがやってきた!:

« 陶芸家、小野哲平さんのこと | トップページ | 感劇話その241 チョン・ミョンフン&東京フィル@サントリーホール »