« 感劇話その236 7月の志の輔らくごのこと | トップページ | 感劇話その238 増上寺薪能 »

2015年8月29日 (土)

感劇話その237 7月の宝塚月組公演『1789』のこと

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)
 

 夏のうちに今年前半のカンゲキを振り返っておりましたが、今日で7月までの分が終了、です。フランスで上演されたヒット作を、演出家、小池修一郎氏が潤色・演出して宝塚バージョンとして上演するというこの作品。『ロミオとジュリエット』しかり、私の好きなパターンといえます。タイトルの通り、1789714日のバスティーユ襲撃に至る革命家たちとヴェルサイユの人々の愛と葛藤を描いたお話。愛希れいか演ずるマリー・アントワネットの衣裳の美しさ、豪華さ。そしてそれを着こなすにふさわしい愛希さんの演技に目を見張った。彼女は数年前に、男役から娘役に変わった比較的すぐの頃に、まだ月組にいた明日海りおちゃんと共演した『アリスの恋人』を見て以来だったけれど、ベルばらファンの私としては、今回のアントワネット役、とってもブラボーだった。それから、ルイ16世の弟、シャルル役としていわゆる悪役的な存在だった美弥るりかさんの、まるで少女漫画の世界から抜け出てきたような妖しい美しさにも惹き付けられました。

7

開演前の舞台の様子

 

« 感劇話その236 7月の志の輔らくごのこと | トップページ | 感劇話その238 増上寺薪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その237 7月の宝塚月組公演『1789』のこと:

« 感劇話その236 7月の志の輔らくごのこと | トップページ | 感劇話その238 増上寺薪能 »