« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月29日 (土)

毛ガニ

 スーパーの北海道フェアで毛ガニがお手頃値段だった。とろ箱の中に整然と並んでいる毛ガニがなんとなく元気そうに見えて心ひかれたので、よし、今夜はコレで焼酎飲もうと思って購入。北海道のかに専門問屋のホームページで「毛ガニの茹で方」をチェック。まだちょっと動いていたから、成仏してけろ~と念じながら熱湯に投入。あとは、野菜の宅配が届いたので、野菜おかずをちょこちょこつくることに。

 アスパラを焼いてから出汁に浸して冷蔵庫に入れ、キャベツの酢炒めを作り、ヨーグルトサラダにするべくきゅうりを刻んでいたら電話が鳴って、ご近所の編集者Mさんから「急に沿線飲み会やってるんだけど、来ませんか〜?」とのお誘い。残念ながら、もうおかずつくっちゃってるから不参加表明。毛ガニと出会っていなかったら行ってたかもだけどね。

 野菜おかずができたところで、再びホームページで「毛ガニのさばき方」をチェックしながら解体して、いただきま〜す。いやいや、身が詰まっていて予想以上にうまかった。味噌もぐー♪。これで980円はお値打ちだろう♪。大分の焼酎「安心院蔵」でゆるゆる堪能しました。ハズレだったら嫌だなと思って1杯しか買ってこなかったので半身ずつだったけど、夫もかなり満足していた。予想ガイの展開がなかなかおもしろかった土曜日。

201306291015000_2

ベランダで穫れたトマトは一部ハニーマリネに。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

今日も移動の話……、

 いま、空港に向かうバスの中。お見舞いのために昨日から帰省していました。今日これから東京に戻ります。空港と市街地を結ぶ高速道路は山の上を通っていて、昨日は大雨が降り止んだ後に通ったので霧が深くて何も見えなかったけれど、今日は晴れて、山の濃い緑とその下の湾の輝く海がよく見える。こうしてみると、故郷の自然の美しさを改めて感じます。昨日は雲海とその上の青空の景色に引き付けられた。雲海は海でなく山の稜線が幾重にも重なっているようだった。それが終わると、今度は流氷の景色のようになった。あんなに雲海をじっくり見たのは初めてかもしれない。昨夜は実家でわりとよく寝たほうだけど、このあと今日は飛行機でも爆睡かな……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

移動……、

 昨日は取材で成城学園前へ。春から月に1〜2度通っている。昨日はその前に目黒で一仕事あったので、渋谷から井の頭線で下北沢、そして下北沢から小田急線。考えてみたら下北沢の小田急線ホームが地下化されてから初めてだった。おー深い深い、と感心しながらホームに着いたら電車が出そうだったのであわてて乗ったら、快速急行……新百合ヶ丘までノンストップ……気づいたときには締まるドア……ジーザス。電車はガンガン成城学園前駅を通り越し、多摩川を越え登戸〜新百合ヶ丘。情けない気持ちで新宿行きに乗って折り返し、編集者との約束時間に15分も遅れて4時45分に待ち合わせのカフェに到着。ま、本チャンの取材の時間は5時からだったのでよかったんだけど、やっぱりあわて者の性格は、いくつになってもかわってないようです……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

ベランダ農園の経過報告

 はぁ……時間はどんどん進んでます。気がつけば最終週? この間も公私ともにいろいろとあったのですが、とりあえずベランダ農園のその後。インゲンは数本収穫をした後、病気なのか徐々に枯れてきてしまって今やへたれインゲンに……。ミニトマトは徐々に色づいてきて、これまでに2つ収穫。ただ、ミニトマトだか普通のトマトだかが病気みたいで、インゲンみたいに葉が徐々に黄色くなってしおれてきて、周りのミントにまで被害が及びかけている……原因は不明。このへんがベランダ農園の限界か……しかし、実はまだ元気だ。ミントも本来強いはずだから、負けないで〜。別のプランターのピーマンやバジルは元気げんき。


201306241613000 201306230756001

色づくミニトマト。右はキャベツ......どうなるんだろう。丸い球になっていくのかしら......。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

ベランダの緑、増殖中……、

 鼻風邪も治ってゆるゆる原稿書きつつ平和な週末。気候もよく、ベランダのプランターでは野菜が元気に成育中。今年、夫が買ってきた苗は、ミニトマト、インゲン、ピーマン、バジル、ローズマリーなど……。ミニトマトはこないだ黄色い花を咲かせたと思っていたら、もう青い実がなり始めている。毎朝の水やりは私の仕事。あったかくなってきたから水の量も増えてきています。

 例のオニタビラコも次々と花が咲き、綿毛になってどんどんどこかへ飛んでいっている。花に小さなミツバチがやってきているのに遭遇。猫の額の小さなベランダの小さな鉢の中にもしっかり息づく自然のシステムを見せてもらった気がしました。

201305311118001 201305261702000

ミントの林の中に育つミニトマト(左)と、インゲンの花。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »