« 最近のお仕事……、 | トップページ | ベランダの緑、増殖中……、 »

2013年5月31日 (金)

感劇話その204 菊五郎、仁左衛門、幸四郎の贅沢なそろい踏み __杮葺落五月大歌舞伎

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

  おととい、カメラマンKさんにお誘いいただいて歌舞伎第一部を観てきた。千秋楽だった。こけら落としも無事に二ヶ月終了したんだなぁ。あっという間です。

 演目は、舞踊『鶴亀』、『寺子屋』(菅原伝授手習鑑)、『三人吉三巴白浪』。人気演目の『寺子屋』は文楽でもしょっちゅう観ているけど、やっぱり人が演じるとそれはそれで生々しい(そんなに悪い意味ではありません)。命を差し出した小太郎のことが語られる場面では、思わずちょっとだけうるり。

 『三人吉三』は、菊五郎、仁左衛門、幸四郎という大歌舞伎ならではの豪華な顔ぶれ。歌舞伎の型(かた)が次々と出てきて、久しぶりに歌舞伎らしい歌舞伎を見せてもらった気がした。やっぱり仁左衛門ステキ。そして夕方からは成城学園前駅近くで取材。終了後、ご飯食べながら次回の打ち合わせ……と、長い1日だった。そのせいでもないとは思うが、昨日は朝からまた風邪(アレルギー性鼻炎)がぶり返し……最近、ちょっとした気候の変化やなにかで体調を崩しがちだ。東北旅の疲れなのか、はたまたやっぱり歳のせいなのか……やれやれ。

201305291043002

いいお天気で、無事に5月大歌舞伎も終了。

 

« 最近のお仕事……、 | トップページ | ベランダの緑、増殖中……、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その204 菊五郎、仁左衛門、幸四郎の贅沢なそろい踏み __杮葺落五月大歌舞伎:

« 最近のお仕事……、 | トップページ | ベランダの緑、増殖中……、 »