« 感劇話その197 柿葺落四月大歌舞伎  | トップページ | 感劇話その199 人間国宝の競演。能『羽衣』と狂言『木六駄』(川崎・しんゆり芸術祭)  »

2013年4月30日 (火)

感劇話その198 女義初体験__はなやぐらの会@紀尾井ホール 

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

 歌舞伎の翌日、女流義太夫演奏会『はなやぐらの会』へ。女流の義太夫ということで、浄瑠璃を語るのも、伴奏の三味線を演奏するのも女性。開始の合図である「とうざ〜い……」の“東西声も、すべて女性たちが行う。文楽の場合は語る人も三味線も人形遣いもすべて男性だが、こちらは女性だけの世界だ。

 今回は人形の入らない素浄瑠璃で、演目は『嫗山姥 (こもちやまんば)』。文楽で一度見たことがあるのだが、私にとってはちょっと難解なお話であり、なおかつ人形がないので、配布された床本(台本みたいなもの)をにらめっこしながら聞いた。ただ、浄瑠璃の竹本駒之助さん(人間国宝)のやや低めの声の豊かな語りは耳にとても心地よかったし、三味線の鶴澤寛也さんの奏でる音色は華やかな中にも迫力たっぷりで、全体的にとても聞き応えのあるものだった。男性の声と演奏による浄瑠璃に慣れ切っている私には、とても新鮮でかつ不思議な時間を過ごすことができました。

201304291612000

 チラシなどを見て、女流の浄瑠璃や三味線の方が予想以上にたくさんいらっしゃることも初めて知りました。

 


 

« 感劇話その197 柿葺落四月大歌舞伎  | トップページ | 感劇話その199 人間国宝の競演。能『羽衣』と狂言『木六駄』(川崎・しんゆり芸術祭)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その198 女義初体験__はなやぐらの会@紀尾井ホール :

« 感劇話その197 柿葺落四月大歌舞伎  | トップページ | 感劇話その199 人間国宝の競演。能『羽衣』と狂言『木六駄』(川崎・しんゆり芸術祭)  »