« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

サヨナラ2012年……。

 ついに大晦日。今年は段取りを見直して、料理に先に手を付けることにした。午前中からお煮染めと紅白なます、菊花かぶなどあらかたつくってしまい(なますは塩揉みして現在しばらく放置中)、ただいま午後1時半。これから掃除だ〜。あくまで小掃除だけど……

 2012年もあと10時間ちょっと。今年もいろんなことがありました。悲しいお別れもあったけど、とりあえず年は変わる。ちょっとずつ前進しているんだろうか。わかんないけど、日々を大切に生きるだけ。……なんか、今年の総括はまだしばらくできないかもしれないなあ。

 とにかく時間は前に進んでいます。今年も1年、いろいろお世話になりました!また新たな年が、みなさんにとってよい年になりますように♬。

201212281022001_2

最後は最近うちによくやってくるこのコたちの笑顔で♪。

 


| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

いよいよ今年もカウントダウン……でもって、この年末に「わらび餅小笠原」販売スケジュール変更のお知らせ♪

 今日は数ヶ月ぶりにそろった3人組でランチ忘年会。その後、関西に帰る一人を品川で見送り、髪を切りにいつもの銀座のお店へ。時間があったので、前に取材したことのある居心地のいいカフェに寄ってみたら、あいにく大掃除中……ま、そりゃそうか……。別のお店で時間をつぶしてから美容院へ。91日以来でやっとスッキリできました♪。

 明日は小掃除(ははは♪)と、ちょこっとおせち作り。ああ、年賀状はその後だ……。ま、いっか。

 それから、先日の忘年会で1年ぶりに会ったわらび餅屋のけんちゃんから、販売スケジュールが変更されたと聞いたので、ここにアップしておきます。ちょうど今日、以前にテレビで取材された番組が再放送されたから、また反響あるといいね♪。以下が新しい販売スケジュール。お近くに行った人はのぞいてみてくださいまし。

 「わらび餅小笠原」(移動販売のお店です)

()13:30~馬事公苑正門前 (世田谷区)

()14:00~西神田公園 神保町駅徒歩5分(千代田区)

()15:00~橘公園 (川崎市 高津区)

()15:00~赤松公園 世田谷線松原駅北側(世田谷区)

()14:30~南河原公園 旧川崎幸病院横(川崎市 幸区)

()12:00~洗足池公園前 中原街道沿い(大田区)

()12:00~用賀駅北側くすのき公園横(世田谷区)

(*201212月1日現在の販売スケジュールです。)

  てことで、今年も残すところあと1日……

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

感劇話その191 今年が終わってしまう前に…...

感劇は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

  とりあえず今日の午前までに仕上げた原稿で、年内の作業は終わりにした。去年ほどじゃないけど、結局、今年の年末もなんだかんだ忙しかったな……。そんなわけでもう29日。今年が終わってしまう前に、未アップのカンゲキ話を一挙にまとめておきます。

124日(火)/志の輔独演会@目黒パーシモンホール

 「ハナコ」と「徂徠豆腐」の2席。どちらも何度か聞いているが、「徂徠豆腐」はとくに好きな噺なので何度聞いても嬉しい。最初の頃は、どちらかというと学者(荻生徂徠)のキャラクターのほうにココロ惹かれることが多かったけれど、最近は七兵衛(豆腐屋さん)の味わい深さも沁みてくる気がする。衆議院選挙前ということで、マクラに志の輔流選挙速報の愉しみ方(前にも似たようなマクラを聞きましたが)をたっぷりとやってくれたんだけど、今回の選挙も8時と同時に当確がたくさん出ていたから、志の輔は楽しめたのかどうか……って、行った人にしか意味わかんないと思いますが、説明すると長くなるので割愛します。ごめんなさい。

129日(日)/狂言「横浜狂言堂」

 横浜能楽堂で毎月第二日曜日に行われている「横浜能楽堂」は、狂言2曲を解説付きで楽しめるお手軽公演。茂山家ということで久しぶりに行ってきた。曲目は「仏師」(茂山千五郎さん)と、「察化」(茂山千三郎さん)。「察化」は太郎冠者が主人の伯父さんと間違えて名うての詐欺師(察化)を家に連れてきてしまうお話。察化を穏便に帰すために相手をする太郎冠者のおとぼけぶりが笑える。

201212310056001

午後2時から1時間半くらいで終わるので、気軽に楽しめる。なかなかいい企画だな〜と思います。





♬1215日(土)/文楽十二月公演

 12月は毎年文楽鑑賞教室と本公演の2本だてなんだけど、例によって本公演のみ行ってきた。『苅萱桑門筑紫轢(かるかやどうしんつくしのいえづと)』と、『傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)』。『苅萱......』では、勘十郎さんのつかう娘ゆうしで(ゆうしで、は娘の名前です)や蓑紫郎さんの石童丸の姿がきれいだった。呂勢大夫さんの艶のある声も響いた。『傾城......』は新口村の段のみ。これは以前、マーティ・グロス監督の映画で観たことがあったのだが、考えてみたらライブで見たのは初めてだったかもしれない。玉也さんの孫右衛門、罪を犯した息子との別れの悲しさがよく出ていた。

 余談だけど、今回の演目は落ち葉や雪など、舞台の天井からはらはら落ちてくる物が多いシーンが続き、私の席は最前列だったので、上からどんなふうに“はらはら”が落ちてくるのかがよくわかった。紅葉した落ち葉が蓑紫郎さんの頭に着陸するというハプニングもあった。というか、よくあることなのかもしれないけれど......当然ながらご本人は両手を使っているのでどうにもできない。足使いさんも当然、両手は塞がっている。どうなるのかな〜と思っていたら、左使いの人が頃合いを見て、空いている右手でさりげなく落ち葉を落としてあげていた。当然と言えば至極当然なんだろうけど、個人的には十年余り文楽を見て(聞いて)きて、初めて見たシーンだったので、なかなかおもしろかった♪。

 以上、今月のカンゲキを駆け足で振り返りました〜。来年はどれだけカンゲキがあるかしら……来年も行くどー♪。

201212160804000_2

プログラムの表紙も、凛々しいゆうしでの姿。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

気がつけばクリスマス

気がつけばクリスマス

 

 しばらくさぼってたツケが回ってきてお尻に火がつき、ここ2週間は年内に納める仕事のテープおこし→原稿書きを延々こもってやってました(まだ終わってません)。かつ、年末はパーッとやろうと思い、21日からは連日忘年会が……てことで、なんだかちょっとぐちゃぐちゃになってきましたが、とりあえずやってます。

 本日は、昔の会社の同僚4人で女子会。メンバーひとりのお宅で、午後〜夜の入り口くらいの時間帯まで約7時間、お料理を囲んでまあよくお喋りしてきました。私以外はみんな独身で、この日に予定が入っていないなんてどうなのよ、と突っ込みたくもなりますが、それはさておき。新たな話題が上がるたび、「いろいろあるけど、とにかく健康が第一だよね〜」というシメの繰り返し。知り合って四半世紀を越えたわけだが、「飲み会の話題が病気と健康ばかりになる日がくるなんて、昔は考えもしなかったよね〜」と、かみしめたのでありました。みんな健康で、また来年もやりましょう♪。

201212241445001_2 201212241446000_2



手料理の競演♪。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

また会う日まで

わっちゃん

 1125日の夜、わらびが亡くなりました。

 生後約3ヶ月でわたしのところに来て以来、21年数ヶ月。夫よりつきあいの長い相棒でした。

 去年の今頃までは大した病気もせず、元気に過ごしていましたが、今年になってから少しずつ病院のお世話になることが増えて、最後の2ヶ月は注射や薬で症状を緩和させる日々。食べてもぜんぜん太らず、もともと小柄な身体がますます骨と皮になってしまったけれど、一生懸命に病や老いと戦っていました。最後の日、ついに立ち上がれなくなっても、前脚だけでも起きようとしていました。

 ほんとにあっぱれな生き様と死に様を見せてもらったと思っています。

 小さな身体だけれど、存在はとても大きい。大往生といわれるけれど、やっぱり寂しいものです。

 わらびが旅立ってから数日間はほんとに情けないくらいよれよれしていましたが、荼毘に付して、見事に真っ白で立派な骨を見たときに、なんだか生々しい悲しみはちょっと消えて、ほっとしたというのじゃないけれど、ちょっと軽くなった気がしました。

 今頃は天国にいるのかなあ。わらびはひと足先に天国に行って、いつか私がそこへ行ったときに扉のところでお迎えしてくれるんだよ、といってくれた友達がいる。もしそうなら、そのときにちゃんと天国に行けるようにがんばって生きなきゃね……

 今日から私も外に取材に出て、ひとまず社会復帰でした。

 このブログを見てくださっている方の中にも、わらびがお世話になった方や、なにかとわらびを気にかけてくださった方々がいらっしゃいました。この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 





| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »