« 感劇話その187 深まる秋に志の輔聞けて嬉しいな♪♪__志の輔らくご in ACT | トップページ | 11月になっていた……。 »

2012年10月23日 (火)

感劇話その188 ついに本家本元を鑑賞__ミュージカル「ロミオとジュリエット」  

(“感劇”は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

  先週、渋谷ヒカリエのシアターオーブに初見参。フランス版ミュージカル「ロミオとジュリエット」を見てきた。フランス人ジェラール・プレスギュルヴィックがミュージカル化し、これまでに全世界で500万人以上を動員したというメガヒット・ミュージカル「ロミオとジュリエット」。私はこの作品を、演出家小池修一郎が潤色・演出した日本オリジナル版で4回観ている。宝塚歌劇で2回(2011年雪組、2012年月組)、そして、城田優、山崎育三郎、昆夏美らが出演した作品を2回(2011年)。宝塚バージョンは去年と今年では衣装も違うし、演出も微妙に違えている。宝塚でないバージョンは、さらに演出や衣装が違う。

 こうして振り返ってみると、約2年間で4回も観ているロミジュリ……そうして今回は、満を持して本家本元を拝見。5回目の観劇となったわけで。どうしてこんなに観ているのかというと、とにかく曲が素晴らしくて、とても魅力的なミュージカルになっているから。そして日本版は、小池修一郎の演出がこれまた素晴らしいから、ということに尽きる。本当の愛に出会うことを夢見るロミオとジュリエット、一目で恋に落ちた二人の喜び、苦悩、愛に目覚めたジュリエットを優しく見守る乳母……などなど、全編にわたり、登場人物それぞれの心境が美しい曲になって綴られ、心に残る名曲もたくさん。そして、斬新な演出。特に城田版は、感動してもう一度観たくなり、東京公演の後、急きょ大阪公演の千秋楽を見に行ってしまったほど。私のなかでは、文楽を除いた昨年の観劇の中でナンバー1に輝く舞台であった。

 褒めちぎっていたらきりがないんだけど、とにかくそのオリジナル版というか、本家がついに日本にやってきたということで、拝んできたというわけである。さすがにどの役者も歌の上手さが素晴らしい。なかでも、ジュリエットのかわいらしさ、ジュリエットの母(ちょっとセリーヌ・ディオンに似ている感じだったにゃ……)やロレンス神父などが印象に残った。そして、“死”を演じた女性ダンサーの妖しさ・怖さにぞくぞく……。正直いうと、演出の一部や、日本版の曲の歌詞に関して、改めて小池修一郎の凄さを痛感した部分もあったのだが、でもでも、やっぱりフランス版、じっくり堪能させてもらいました。初めて聞く曲もあったし。そして、カーテンコールが楽しかった。海外ミュージカルを観たのは初めてだったのだが、拍手喝采の中で挨拶をするだけじゃなくて、役者がみんなで次々と劇中歌を歌い、さらに客席を盛り上げるんだよね。これはきっとヨーロッパのミュージカルでは普通のことなんだろうな……と思いました。そしてなんと、観劇の翌日に来年の日本版の再演決定を知った……きっと観に行くのかな……ロミジュリの話題はまだまだ、to be continue……てことかしら。

201210202043000 201112111516000

フランス版のポスター(左)と、日本版(2011年)のプログラムより

« 感劇話その187 深まる秋に志の輔聞けて嬉しいな♪♪__志の輔らくご in ACT | トップページ | 11月になっていた……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その188 ついに本家本元を鑑賞__ミュージカル「ロミオとジュリエット」  :

« 感劇話その187 深まる秋に志の輔聞けて嬉しいな♪♪__志の輔らくご in ACT | トップページ | 11月になっていた……。 »