« 感劇話その179 先月末に行った「立川志の輔独演会」の話……。 | トップページ | 無事に21歳に……。 »

2012年6月14日 (木)

感劇話その180 遅ればせながら、忘れないうちに5月文楽公演のこと……。 

(“感劇”は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

 この1年余り、ほんとに忙しくて、もしかしたら観に行った文楽公演の話でアップしていないままのものもあったかもしれない……。今日は先月の東京公演の話。
 土曜日に2週続けて行った文楽・東京公演。第一部は『八陣守護城』と『契情(けいせい)倭荘子』。『八陣……』は加藤清正をモデルにした話(話の中では名前は正清になっているけど)で、毒酒をもられた正清が、毒に身体を蝕まれながれも本城を死守する。船の場面があったり、クライマックスでは御殿の中から石垣、高楼へとどんどん場面が転換するなど、見応えのある舞台が展開していく。
 『契情……』は死後の世界の道行という特殊な設定の舞踊演目。死後に蝶の姿となった男女が宙を飛びながら舞う様子が美しかった。
 第二部は『傾城反魂香』、『艶姿女毎衣』と『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』の3本。とくに感動したのは『壇浦……』の阿古屋琴責(あこやことぜめ)の段。平家の残党、景清の行方を突きとめるために拷問にかけられる恋人の阿古屋。「行方は知らない」といい続ける阿古屋は、その心に偽りがないかどうか、琴や三味線や胡弓を弾かされることになる。心に偽りがあると、奏でる弦に乱れが出るんだって......とにかく、見事な演奏で拷問を乗り切る阿古屋なんだけど、楽器の音と人形の指先、動作が見事に調和しているシーンは圧巻。勘十郎さんの遣う阿古屋の指先、貫太郎さんの三曲(三味線、箏、胡弓)も素晴らしかった。

201206151332000201205270906000201205270909000


左から『八陣守護城』の正清、『壇浦兜軍記』の阿古屋、下はプログラムの表紙、『艶容女舞衣』のお園

« 感劇話その179 先月末に行った「立川志の輔独演会」の話……。 | トップページ | 無事に21歳に……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その180 遅ればせながら、忘れないうちに5月文楽公演のこと……。 :

« 感劇話その179 先月末に行った「立川志の輔独演会」の話……。 | トップページ | 無事に21歳に……。 »