« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月24日 (土)

感劇話その175 日本民話「鶴の恩返し」が美しいダンス公演に。 

(“感劇”は、感激と観劇を合わせた勝手な造語です。念のため。文楽、歌舞伎、落語、お芝居その他ライブの感想をまとめています。)

 先週、神奈川芸術劇場に首藤康之さん主演の舞台「鶴」に行ってきた。「鶴」は、日本の民話「鶴の恩返し」を英国ロイヤル・バレエのウィル・タケットが演出・振り付けしたダンス公演。ということくらいしか事前に知らず、なんの予習もしていかなかったのだが、鶴が織り上げる布地が背景に現れたとき、その美しさに息を呑んだ。あとでワダエミさんが衣装と布を担当していることを知り、納得。布の効果的な使い方が静謐な舞台の美しさをいっそう盛り上げていると思った。
 また、3人遣いのパペットによる鶴はとても斬新で、文楽にもいかせそうな感じがした。ただ、鶴の首がうねるように何度も動くのは、鶴というよりも龍に見えてくる感じがして、ちょっとだけ違和感あったんだけど、気になったのはそれだけで、あとはとってもおもしろかった♡。ラッキーなことにお席は最前列。ダンサーのトウシューズが舞台の上でこすれるその匂いが漂ってきたりして、美しさの中にも力強さを秘めたダンスの迫力も堪能できました。首藤さんは相変わらずきれい。カーテンコールの際に舞台に登場したワダエミさん、すごくお元気そうだった。相変わらず仕事も落ち着かないところに先週は鼻風邪が辛かったんだけど、行ってきてよかったっす♡。

201203181742000


藤原道山の尺八をはじめ、音楽も幻想的。なかなか新感覚の舞台でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

坂道話はけっこう深いのだ♪

 いま出ているセオリー(講談社)最新号で、坂道研究家の山野勝さんの記事を書いています。1冊まるごとセオリー恒例の土地のグランプリ特集(東京編)で、首都圏の最高の住宅地はどこか、今住むべき町はどこか、など、不動産情報とともに土地の情報が詰まっていますが、その中で山野さんには港区の味わい深い坂道のある町についてお話ししてもらっています。
 同級生の太一君の会社がつくっている「全力坂」の仕事でもお世話になったことがあるという山野さんは、タモリと一緒に日本坂道学会を結成している坂道研究家。記事といっても、山野さんが坂について熱〜くたくさ〜んお話いただいたことをまとめただけで、書くのも大した苦労はしていませんが。にしても、東京には江戸時代のエピソードがある坂がたくさんあって、歴史のおべんきょとしても、なかなかに楽しいお話が満載でした。歌舞伎や落語に出てくる坂なんかもけっこうあるし、ブラタモリ風に、江戸〜明治の歴史を、坂道を通してなぞってみるというのも、なかなかおもしろいものでございます。

201203251036000201203251831000

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

掲載誌……、

掲載誌……、

 今月号のJAL 機内誌に、記事を書いてます。昨年末に、香川県の手仕事の職人さんを訪ねた取材。寒かったなぁ、この頃の高松……。でも職人さんたちはみなさんとてもエネルギッシュで、元気もらいました。考えてみたら、この取材がクリスマス明けで、その前の週はバンコク取材で、結局この頃から大晦日と元日以外、まだまともに休みをとってないなぁ……あとちょっと、あとちょっと……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

もう3月……、

 昨日の午前中にはかなり降り積もるだろうと思われる勢いだった雪も夜には溶け始め、今朝は一転いいお天気。もう今日から弥生3月だもんなあ……。昨日、友達から「40以上はチークは必須。老け顔に見られないように、ささっと塗るだけなんだからやりなさい」といって新製品のチークを渡された。同い年の彼女は某化粧品会社の広報誌を作っていたりするので、なにかといろいろいただくのだと思われ、そのお裾分けだ。チークなんて30代の最初くらい以来だわと思いつつ、今朝は洗濯して出かける支度をしながら、そのベージュオレンジのような色を頬にちょこっと塗ってみた……こんなことも小さな春の兆し? 手のやけどの跡は宝船みたいな形になってきたので、ホワイトニングローションを塗っておいた。ついでに顔にも。また次の締め切りが迫ってきて首が回らなくなりそうだけど、春も近づいてきたからがんばらなくちゃ、できる範囲で……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »