« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

雪ゆきゆき……、

雪ゆきゆき……、

ふるふるふる……まだまだまだ……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

益子

益子

 昨日は益子へ行ってきた。下見というかロケハンというか。いくつかの窯を回って陶芸家さんほか数人のお話をうかがってきた。参考館の濱田窯をはじめ、益子の窯はことごとく去年の震災で大きな被害を受けたのだけれど、徐々に修復がなされていた。まだ全部ではないが……。でもとりあえず、昨日はすごくいいお天気で、回るのも気持ちよかった。
 デジカメの写真をまだコンピュータに移していないので、これは携帯で撮ったものですが、窯用の薪がびっしりと積み上げられていた大誠窯のお店の入り口付近。奥の登り窯には火がいれられて、薪が燃える心地よい香りがあたりに立ちこめていました。薪が燃える匂いとか焚き火の匂いって、なんか懐かしい感じで好きなんだよね……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

牡蠣カキ……♪

牡蠣カキ……♪

「牡蠣が届いたので食べに来ませんか?」台湾料理屋のママから連絡をいただいた。たくさん届いたので、お裾分けしてくださるという。飛んで行きました。牡蠣大好きなんです♪。出てきたのはどっさりの蒸し牡蠣。シンプルに蒸しただけで充分にうまい♡。ぷりっぷりで、海水の味がほんのり♡。広島からだそうです。堪能しました〜。シアワセ♡♡。ほんとにごちそうさまでした!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

やけど4日目……、

 今週の火曜日、朝いつものように夫のお弁当をつくり、水筒にコーヒーをいれていたときだった。突然ドリッパーが傾いて熱湯が左手を直撃。あわてて水で冷やし、しばらく保冷剤当てたりして(この間、お湯とコーヒー豆の粉末が散乱した台所を拭く夫……)、少し落ち着いてきた頃に(夫は弁当を持って出勤)、庭のアロエを切ってあてたりしてみたら、なんだかずきずき……気になってきたので、仕事いく前にすぐ近所の皮膚科に寄っていくことにした。アロエを当てた患部にラップを巻いて診察室へ。薬を塗ってもらった上にガーゼを貼られ、しばらくはこの上からでも冷やしていい、といわれたので、仕事場に行っても冷蔵庫の保冷剤を借りて、会議中もずっと冷やしていたら、痛みはほどなく治まった。
 左手親指の下から手首にかけて、5センチくらいの卵型形の赤いしみだったけど、毎朝薬とガーゼを代えるときに見ると、ちょっと縮まってきた感じ。今日で4日め。最初にしっかり冷やしたのがよかったのか、水泡にはなっていないので、明日皮膚科に行って、たぶん放免だな。にしても、小さなやけどは台所で日常茶飯事だけど、これくらいのあちちは中2の時の、調理実習で揚げ物の油を足に受けて以来だったので、ちょっとばかしどきどきしました。友達もいってたけど、主婦のやけどや切り傷って労災だよね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

20年と8 ヶ月……。

20年と8 <br />
 ヶ月……。

 そうそう、昨日はにゃんこの日だった。これは最近のわらび。最近は、わらびの腹時計が1時間早まって、去年までは5時だったのが、ここ半年くらいは午後4時になるとご飯のところにいくようだ。それで器に何も入ってないと、こっちに呼びに来る。家で原稿書きしていると、なんとなく気配を感じ、ふと下を見ると、この通り。時計を見ると決まって4時前後……年とっても相変わらず腹時計は正確だ♪。何分も気づかないままだとぎゃーんと鳴く。一人(1匹)きりのときはどうやっているんだろうか。出かけるときはちょい多めにご飯を入れていっているんだけど......。それはワラビのみぞ知る。いま20年と8 ヶ月。老いてきたけど、食欲はまだまだ旺盛♪。


| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

ウメサオタダオ展のこと……

 こんな私のブログでも、なんだかんだのぞいてくれている人がいて、さらに、更新が滞り気味になると、「しばらく更新ないけど、どうしたの?」的なメールをわざわざ送ってよこす人がいる。で、今日も今日とて「ランチのオアシスがさらしすぎて乾燥してます」だって……たしかに。まじで今日あたりそろそろ更新しないとなーと思っていたので、ちょいと面食らいましたが。というわけで、今日は一昨日に行ったウメサオタダオ展の話を。
 初めて行ってきた日本科学未来館。「ウメサオタダオ展」の最終日。館内には有名な”京大式カード”の原型になったカードをはじめ、ノート、スケッチブック、そして、梅棹独自の整理と創造のアイテム“こざね(小さな紙切れに文章やキーワードを書いたものをホッチキスでつなげたもの)”などを展示。世界各地を回ったフィールドワークで得た膨大な情報を整理、分類する梅棹の作業を再現したような構成になっていて、おもしろかった。
 取材ノートをまるまるコピーしたものが数冊あり、自由に中をめくって見ることもできた。ノートにびっしりと書き込まれた字のきれいさや、イラストのうまさ、緻密さにはびっくり。比べるのもおかしいけど、自分の取材ノートの乱雑さが恥ずかしくなってしまった……。取材先の鳥の鳴き声に音符をつけて五線譜で書き表したページなんかもあって、好奇心の旺盛さや表現力の豊かさに、驚かされることしきり。まさに「知的生産の技術」ということを改めて思い知らされたのでありました。つくづく、最終日に間に合ってよかった〜!

201202201451000201202201454000


梅棹先生のフィールドワークのノートのかたまりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ランチのオアシス……

ランチのオアシス……

 今週も、はや週末……。来週頭をめどに出す原稿のかたまりが、なかなか……。これは今週前半に後輩とランチしたときの一皿。スモークサーモンとグレープフルーツのサラダにリーフがのっかってます。このお店、去年からちょくちょく行ってるんだけど、サラダの葉っぱがほんとにみずみずしくて味があって、目でも舌でもほっと和まされる。バタバタの今週の、一服の清涼剤、みたいな……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »