« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月25日 (月)

じつはまだトンネル内……。

 2週間くらい前に長いトンネルを抜け出たはずだったんだけど、また新たなトンネルに突入する東海道新幹線の小田原〜三島間みたいなことになってしまって、というか小田原〜三島よりもっとトンネルの距離が長くて……なにいってんだろ。とにかく、ちょっとまたトンネル、しかも節電でちょっと暗めで走っていてもどのへんなんだか内部の表示が見え辛いというような……なにいってんだろ。とにかく、ずっとそんな状態が続いていた今日この頃だったわけで、やっとこさあと2ページ、出口の明かりがもうそこまで見えてるところまで来たので、今日は一気にがんばってしまいます。週末に、ブログぜんぜん更新されないけど生きてるの?的な連絡を2、3いただいたこともあり、こうしてちょこっとパチパチしてます。生きてまっせ。そんなわけで、あとちょっとがんばりま〜す。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

日本酒再来……。

 昨日、また一つ歳をとった。金曜日の夜は前夜祭ということで仲良しトリオのぶーふーうーで飲み会してくれるというので、学芸大のお店で痛飲。昨日はだんなが寿司屋に連れて行ってくれて、やや痛飲。久々に連日の日本酒飲み、だった。
 今年は日本酒はできるだけ東北のお酒を飲もうと決めている私たち。金曜日のお店では最初に宮城の墨廼江(すみのえ)を頼んだら、酒造所が石巻ということで、被災されていていまは入ってきていないとのこと。そのお店のメニューにある東北のお酒はそれだけだったので(つーか、もともと高知料理系のお店なので、お酒も高知がメインなのだった)、残念、と思いながらじゃあいつもの土佐鶴お燗? と思っていたら、おかみさんが奥から「ありましたよ〜、東北のお酒、福島の大七!」の声。おお、じゃそれお願いします! ということで大七を。3人で7合くらい飲んだ。といっても量的には私がいちばん少ないと思うけど。昨日の朝はぷち二日酔い。考えてみたら、日本酒、それも生酒をけっこう飲んだのは久しぶりのことでもあり、震災以来、そんなにたくさんお酒を飲んでいなかったこともあって、久々にお酒が身体にちょっと残っている感じだった。
 そして昨日は夕方からだんなと近所のお寿司屋さんへ。なんだかんだ、昨年の骨折以来、しばらくぶりの大将の顔。震災以来、市場に入ってくる魚も減っているとのこと。心なしか、品数もちょっと少ない感じのケースの中。そうですよねーとしかいえない自分。ここは、住宅地にある個人経営のお店。大好きな日本の海のお魚、三陸の海の幸をこれまでほんとにたくさんいただいてきた私......。日本の豊穣の海、魚屋さんやお寿司屋さんの未来が脅かされることのないようにお願いします、と心の中で叫ぶ。
 とりあえずのビールで青柳の一夜干しとぴちぴち鰯のお造りをいただき、東北のお酒はなかったが、新潟の魚沼の純米の冷酒にして握りを注文。相変わらず美味しい♡。1合くらい飲んで、やっぱり魚には日本酒だね〜♡と、ビールに戻っただんなを尻目に自分は熱燗を1合。シアワセな夜でござった。2夜連続の日本酒で、改めて、生酒はけっこう効きますなあと、再確認した週末なのでありました。

201104161751000201104161834000201104161851000











ごちそうさまでした!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

結婚祝い。

 遅くとも木曜日中に送ると約束していた原稿をとりあえず無事に昨日の夕方送り、今日は一段落&返事待ちで、4日ぶりの外出。
 かつての仕事仲間の後輩女子とランチして、結婚のお祝いを渡してきた。もう入籍して1年以上経つのだが、パーティも披露宴も式も何もしてなくて、そのうちにといっていたのでお祝いをまだ贈らずにいた。それが、今年に入ってもまだしばらくは予定していないということだったので、じゃあとりあえず先にお祝いを贈ってしまいましょ、ということに。考えた挙句、シャンパン好きの彼女にシャンパングラスをプレゼントすることにした。というのも、ちょうど、高校時代の友人が数年前からガラスアートの工房を始めたので、彼に注文して、ご夫婦の名前と入籍の日付なんかを入れてもらうことにしたのだ。正直、そういうグラスって、いざもらったら恥ずかしいかな……、趣味じゃないかな……、とか、いろいろ考えてみたんだけど、ま、結婚祝いくらいでしかそういうものをもらうこともないだろうし、いんでないかい! と半ば強引に自己完結して友達にオーダー。文字のフォントやデザインをあれこれメールで相談し、決定して、今月初めに完成→到着。デザイン、とはいっても基本的にごくごくシンプルに、さりげない感じにしてもらった。
 結果、思いのほか喜んでくれて、私も嬉しくなった。長い間のちょっとした気がかりがこれで一つ決着して、ほっ。橋本センパイ、ありがとね。

P4161952

彼女が家に飾った写真を送ってきてくれた。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

トンネル通過……。

 しばらく長い入稿のトンネルに入っていて、ブログぱちぱちすることができませんでした。いやー、ちょっと長かった。この約10日間、外出したのは対談取材に行った日とバレエ公演を見に行った日の2日だけで、あとは基本家にいて、ご飯とトイレとお風呂以外はMacにはりついてお仕事。数十ページを抱えていたので、なんだかんだえらい時間がかかってしまいました。
 時間がかかった理由はもう一つあって、これもシンプルだけど、なかなか原稿が書けなかった、のだ。大震災以来、ずっと精神的に不安定な日が続いていて、何をしたらいいのかわからず、資料を読んでいても、ディスプレイにワードの画面を出しても、なかなか原稿に身が入らない、という状態がしばらく続いてしまった。長年この仕事をやってきて、これまで精神的にかなりまいるようなことがあっても仕事だけはちゃんとこなしてきた。大失恋した翌日も取材に出たり、原稿もばんばん書いて、どっちかというと仕事に没頭することで精神的なダメージを緩和させようとする力がうまく働いていたようなところがあったんだけど。今回は、なかなかそうもいかなかったみたいで。目眩とかにもなっちゃうし。やはりそれだけの出来事だったということなんだなあと。加えて、肉体的精神的なタフさが徐々になくなってきたということか? とまあそんなわけで、スタートが出遅れたのでゴールも遅かったというわけでした。徐々に気持ちを立て直して原稿に集中できるようになったのが先月末。幸いにも構成に変更があったりして締め切りも当初の予定から少し延びたということもあり、昨日の昼に無事にひととおり脱稿。
 その後、午後からMRI検査の結果を聞きにいき、脳血管も脳神経も何も異常なし。その足で、きらしていた喘息の吸入薬をもらいに行って、今年の健康診断の予約も入れてきた。メンテは大切。
 日曜日は原稿の出口が見えてきたので選挙の投票に行った帰りにだんなとお弁当を買って、近所の公園でお花見しながら食べて、なんとか今年の桜も拝むことができた。
 今日からはまた次の締め切りに向けて新たにぱちぱち。依然として大きな余震も続くし、被災地の方のことを考えるとほんとうにやりきれないし、原発も一向に治まらない。不安な日々が続くけれど、とにかく目の前の仕事をやるしかない。そして気がつけば、また一つ年をとる月に突入している。

201104101348000201104101337000
桜によってはもう葉っぱが出ているのもあった。間に合ってよかった。家族連れがたくさんいて、みんなのどかな春の昼下がりだった。こんなお花見のどこがいけない?

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »