« 感劇話その162 こんなときだからこそ笑って……。__三越落語会 | トップページ | ぐるぐるぐる……。 »

2011年3月26日 (土)

忘れかけてた卒業……。

 昨日の夕方、約1ヵ月ぶりに整形外科に行った。なんだかんだわりと普通には歩けるようになっていたので、忙しさにかまけてなかなか行けないままだったところに震災→計画停電となったことで病院がやっている時間も読めず、さらに行くのが延び延びになってしまっていたのだった。前回行ったときにはまだ「もういいですよ」と、きっぱりなお言葉をいただけなかったので、なんとなく気にもなっており、実際、歩けないほどの痛みではないものの、患部の周りにちょっと痛みがあったりもするので、やっぱり最後の最後までちゃんと診てもらったほうがいいのかなあと思ったりして。
 診察室に入っていつものように靴下を脱いで足をみせる。「普通に歩けているなら、もう大丈夫ですね」といわれたので、「でも、このへんがちょっと痛むんですけど……」と、患部のちょっと上のあたりをなでなですると、「うーん、骨が折れていたのはここ(もっと足首のそば)だからね〜」とドクター。それからの説明を自分なりに理解したところでは、患部をかばって周りの筋肉や何かに力がかかっていたことの後遺症みたいなもの、だということで、毎日激しく痛むのでなければ大丈夫、とのことだった。「またなんかあったら来てください」というお言葉で、一応、卒業、お役御免ということのようで。だんなにメールしたら、「よかったな。でも長かったな」。たしかに。12月の頭からだから約4ヵ月か……。でもま、この約1ヵ月はおまけ、のようなものだし。だんなにもいろいろとお世話かけました。ありがとう。でも、まだ今日も周りの痛みがあるから、また来週、念のためにちょっとみてもらおうかしら、なーんて

« 感劇話その162 こんなときだからこそ笑って……。__三越落語会 | トップページ | ぐるぐるぐる……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れかけてた卒業……。:

« 感劇話その162 こんなときだからこそ笑って……。__三越落語会 | トップページ | ぐるぐるぐる……。 »