« わらしべ長者……? | トップページ | 掲載誌 »

2010年10月11日 (月)

体育の日、芸術の秋……。

 今日は体育の日ですと。昨日じゃなかったんだ……。休み明け13日締め切りの原稿の筋立てを考えながら(しつこい)、つらつら過ごす。夕方には世田谷美術館にでもいってこようかしら。今日が最終日の「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」のご招待券が手元にあるし……。
(***数時間経過)
 結局、行ってきました世田谷美術館。用賀の駅から徒歩で片道20分弱なので、お散歩にもちょうどよかったし。スイスのヴィンタトゥール美術館が所蔵するヨーロッパ近代&現代美術のコレクション約90点で、すべて日本初公開、ということらしい。ゴッホが複数枚描いた「郵便配達人 ジョセフ・ルーラン」のうち、バックが黄色いタイプが1枚。アンリ・ルソーの「赤ん坊のお祝い!」も来日。ピカソやゴーギャン、レジェ、ユトリロ、クレー、ジャコメッティの彫刻などなど、あ、モネも1枚、ルノワールも数枚あったりして、とにかく19世紀末以降のヨーロッパ美術の流れがよくわかるようなコレクションで、楽しうございました。最終日の夕方でもけっこう人が入っていて、日本人ってアート好きなんだ〜、って、先日の一村展に続き改めて思ってしまいましたです。そういえば、2年前にギャラリストの小山登美夫さんの本を作る際、「世界の年間企画展の最高入場者数を見ると、毎年、日本の美術館が必ずトップ10のうちに4つか5つ入っている。日本人はアートが大好きな国民なんですよ」と、小山さんも言っていたっけ……まさに。

201010112303000

チケットにも、ルソーとゴッホの作品が。








 そうそう、先日行ってきた「誇り高き デザイン 鍋島」展(@サントリー美術館)も、平日だというのにかなりの入場者数だった。こちらは鍋島藩の窯の草創期から幕末に至るまでの代表的な作品をそろえた展覧会で、タメイキの出るような美しいお皿のオンパレード。壺の文様のお皿とか、二つの円形をずらして重ねたような形の中に、背中を丸めたうさぎと、残りの白い余白部分を細長い三日月に見立てたデザインのお皿など、今見ても斬新なデザインがたくさんあって、改めてそのクリエイティビティの豊かさに舌をまいたのでした。

201010111934000

ギフトショップで買った、鍋島焼きのお皿の形の絵はがき......写真に撮ったら実物(はがき)というよりもまるでお皿そのもののように見えませんか〜

« わらしべ長者……? | トップページ | 掲載誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体育の日、芸術の秋……。:

» 世田谷美術館 「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
http://www.collection-winter.jp/ ゴッホ、モネ、ルノアール、ピカソ、ルソー、クレー、ジャコメッティ… 90作品すべてが日本初公開! ↑こんなキャッチコピーを見たら、もう行くっきゃないでしょ? それに明後日(10月11日)までって言ったら、今日が開催日中、私には最後の公休 雨が降ろうが行くしかない! で、本当に雨でしたが行ってきました。 しかも、世間は三連休のところもあって混んでるかも知れないって言うのに…(ちょっと混んでた) 雨の世田谷美術館http:... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 09時29分

« わらしべ長者……? | トップページ | 掲載誌 »