« 外食1週間……、 | トップページ | 史上最強の夏??? »

2010年8月31日 (火)

スティールドラムに魅せられて……、

 ついに今日で猛暑の8月が終わる。しかしまだまだ9月も暑いらしい......。昨日は15時から等々力で打ち合わせの後、夜は新宿に、スティールドラムのバンドのライブに行ってきた。カリブ海の島、トリニダード・トバゴからやってきた「レネゲイズ・スティールドラム・オーケストラ」のコンサート。
 スティールドラム(スティ―ルパンともいう)はドラム缶から作られた打楽器。生で聴くのは初めてだったが、予想を遥かに超えた豊かな音色に圧倒されっぱなし。曲目も、カリブのカリプソっぽいものばかりかと思っていたら、とんでもない。1曲目はいきなりバッハのG線上のアリアで、これがスティール缶から出される音とはとても思えない、豊かで繊細で、パイプオルガンのような柔らかさがあって、旋律を奏でる音はクラリネットのような管楽器やピアノを思わせるかのように、どこまでもクリア。バッハはほかにも「トッカータとフーガ」を演奏、ワルツ、スタンダードポップス、レゲエ、そしてライオネル・リッチーの「All night long」まで、レパートリーの広さにも驚いた。レゲエナンバーは私の愛する「No Woman No Cry」だったからさらにカンゲキ。賑やかでエネルギッシュなナンバーからしんみりと聴かせる曲まで、変幻自在な音の世界にすっかり引き込まれてしまった。アンコールには総立ちになった場内が一つになって、スティールドラムの響きとともに「スキヤキ」の大合唱。これがまたなかなか、胸にしみました。
 レネゲイズは1945年に設立されたトリニダード・トバゴ最古のスティール・バンドの一つ。国内のカーニバルで開催されるコンテストで9回も優勝するなど、お国を代表するスティール・バンドなんだそうだ。15人のメンバーはみんなめちゃくちゃ陽気で、飛び跳ねたり、踊ったりしながら演奏する様子もすごく自然で、かっこいい。思わず帰り道、スティールドラムのカルチャースクールはないのかな〜? と、夫に尋ねたりしていた私でありました。コンサートツアーはもう終わってしまったけれど、レネゲイズの詳細はこちら
 

« 外食1週間……、 | トップページ | 史上最強の夏??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティールドラムに魅せられて……、:

« 外食1週間……、 | トップページ | 史上最強の夏??? »