« 感劇話その126 忠義と肉親の情の狭間で……__12月文楽公演本公演 | トップページ | 忘年会ラリー »

2009年12月27日 (日)

年内に行っておきたかった店

 ただ今、忘年会ウィーク・パート2に突入中で、二日目の今日にしてすでに胃腸がお疲れの気配……。だったら飲まなきゃいいんですけどね、そうなんですけど。
 昨夜は久しぶりに大好きなおさむさんのお店へ。かなりごぶさたしていたので年内に一度、食べに行っておきたかったし、相変わらず美味しくて、ついつい食べて飲んでしまった。お刺身には、ノースカロライナ産の天然まぐろが登場し、これは光り物至上主義で日頃はまぐろに特に強い興味を抱かない九州人の私も目からウロコのおいしさだった。背に近いほうの身だそうけど、繊維がちゃんとあって、それでいて上品なやわらかさで、赤身のおいしさ満喫という感じ。久々にまぐろのおいしさを味わわせてもらった。長崎産の天然岩ガキというのも初体験の絶品で、白ワインがすすむ。変わらない美味しさでいて、行くたびに新しい発見があるのがこのお店の魅力。最後におさむさん特製のオムライスまでいただき、口福の夜でした。
 そういえば、おさむさんの店は長く日曜定休だったのだが、数ヶ月前から日曜日も営業をしているとのこと。お客さんにカメラマンやヘアメイクやスタイリストや編集者など出版業界関係者が多いので、この不況のあおりを受けて客足が去年よりかなり減り、「青色吐息なんで、行きていくためですよ〜」といっていたけど、こんなところにも出版不況の波が容赦なく……うーん、こんなに美味しいのになあ……でもそりゃそうか……と、我が身のおかれている状況と照らし合わせる。とくに雑誌業界は来年の今頃はいったいどうなっているんだろうなあと思うと、無邪気に美味しいお料理に喜んでもいられない気になりそうだが、逆にいえば、せめて美味しいものを食べているときくらい、楽しんで堪能してワイワイばかを言っていたいなあと思うのでありました。

200912262007000200912262023000


盛りつけも美しいお刺身と、ふろふき大根♡。

« 感劇話その126 忠義と肉親の情の狭間で……__12月文楽公演本公演 | トップページ | 忘年会ラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年内に行っておきたかった店:

« 感劇話その126 忠義と肉親の情の狭間で……__12月文楽公演本公演 | トップページ | 忘年会ラリー »