« 今度は展示会で、元気をいただく。 | トップページ | 夜が長くなる1枚……。 »

2009年9月30日 (水)

名家の“いま”

 現在発売中の「セオリー」(講談社)最新号で、近衞忠大さんの取材記事を書いた。忠大さんは、近衞文麿元首相の曾孫にあたる人で、細川護煕元首相の甥子さんでもある。今回の特集のテーマは“名家の生活、名家の使命”なんです。
 近衞さんのほかにも、島津家、一條家、冷泉家、相馬家、竹田家(旧宮家)などなど、多くの名家の方々が登場している(鳩山家も出ています)。一般人にとっても“家を継ぐ”ということはしばしば大きなテーマになるものだ。かくいう私でさえ、父親は長男で、子供は私と妹の二人だけ。家は誰が継ぐのか、継がないのか、みたいな現実の問題を突きつけられたことも、かつてはあった。私みたいなごくごく中流の家庭でもそんなふうなんだから、おそらく誰もが(特に長男長女は)、状況の細かい違いはあるにしても、一度は似たような経験をしているのではないだろうかと思う。それが、いわゆる“名のある家”となると、やはり一般人とはかなり違うレベルの問題やら、使命の重さやら、いろいろとあるのだろうなあ、と思う。というか、あるようです。
 近衞忠大さんは今回、出ている人たちの中でもおそらく最年少(39歳)で、飄々と、はきはきと、ご自分の“今”について語ってくださったのが印象的だった。なんといっても五摂家(公家の頂点に立つ五家)の筆頭なので、宮中歌会始に関わっていらっしゃる話など、普通の人では知り得ない話は、なかなかおもしろい(文字数の関係で、原稿に書けなかったこともあった)。と同時に、現代の青年らしく(変な言い方ですが)、ホッケーやフットサルに打ち込んで、顔に傷を作ったりもしているし。その振幅はかなり大きい。子供の頃、お姫様の暮らしに憧れたりしたものだけど、もちろんお姫様にはお姫様なりの悩みや苦労もあるわけで、やはり長ーい家系図をもつような人たちは、それなりに、うちらの想像できないいろんなものを背負っているのだろうなあと思う。それにしても、名家の特集を組むってことは、やっぱり日本人はセレブに弱いということなんでしょうか。

200910011658000200910011659000


左が表紙。

« 今度は展示会で、元気をいただく。 | トップページ | 夜が長くなる1枚……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名家の“いま”:

« 今度は展示会で、元気をいただく。 | トップページ | 夜が長くなる1枚……。 »