« 山崩し | トップページ | ぐずぐずと »

2008年6月30日 (月)

ほっとするもの

 お久しぶりです。今月はかなりの非常事態が延々と続き、他のことは一切考える余裕のない日々でしたが、ようやっと長かったトンネル出口の明かりがかすかに見えるところに近づいてきました。情けないことに仕事のハードさが身体にも響く年頃ゆえ、久々に徹夜などしたり、奥歯の詰め物がとれても原稿終わるまでは外に出られず、などなどで、かなりへたれていましたが、今は日常生活&仕事ともに徐々にリハビリ中。なので、とりあえずブログ再開します。
 今日は午後イチから白金で取材。3時過ぎに終了の後、お友達のジュエリーデザイナー・白洲さんの個展をのぞくべく荻窪へ。なんと今日が最終日で、これがほんとの滑り込み。今月、とくに中旬から後半は、ほとんど身動きがとれなくなり、志の輔の落語会のチケットは妹に譲ったり、ご飯会はドタキャンしたりと、予定していたプライベートの外出はことごとくキャンセルしていたのだが、やっとこれだけは行けた。白洲さんの新作、毛糸と金属と石をからませた作品がとても斬新でかわいかった。


200806301625000

会場は荻窪駅からほど近い喫茶店。路地を一歩入ると、入り口前に、こんな個人宅の庭のような光景が。いまはたっぷりの緑とあじさいが、あちこちでホントにきれいで、思わず足をとめる。


 ということで、ここ数日でほっと癒されたものを他にもいくつか。

200806241753000


仕事の帰り、喉が渇いて立ち寄った表参道のカフェで。レモングラスのフレーバーがついたジンジャエール。




200806281812000


週末、編集者Bと行った目黒川沿いのカフェ。窓の向こうに桜の木。ここも濃い緑がたっぷり(ちょいブレですみません)。



 今年の梅雨はあんまり雨も続かず、だけれど、そのおかげか、てれてれと駅へ向かう途中でも、たびたび街路樹の緑を鑑賞させてもらっている。こんもりと茂った木々の緑がほんとうに目に心地よく、ほっとする。もう少しすると、剪定されてバッサリ枝が落とされる時期になるので、今のうちにたっぷり見ておかなくちゃ、という感じで。

« 山崩し | トップページ | ぐずぐずと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほっとするもの:

« 山崩し | トップページ | ぐずぐずと »