« 感劇話その65 人情ものにほろり、でござんす。 | トップページ | 感劇話その66 梅雨入りに幸水と蜜柑 »

2008年6月 2日 (月)

イエローカード満載

 アラフィーなどといってちょっと茶化して書いたりしているが、その名の通り、歳は歳。いやおうなしに老化現象を現実として突きつけられている日々なのである。
 先週、同級生3人(編集者S、編集者B、私)で夕ご飯を食べた日、私はタクシーの中にカーディガンを置き忘れてしまった。というか、正確には、直後にタクシー会社に問い合わせたが結局出て来なかったので、タクシーの乗り降りの前後とかに落としたのかもしれないんだけど、両手に荷物を持っていて、カーディガンを肩からかけていたか腕に挟んでいたような感じだったので、落ちたのに気づかなかったのかもしれない。とにかく、情けなくて1日落ち込んだ。同じく3人夕食会の日、編集者Sは店に携帯電話を忘れてきて、翌日店に取りに行き、その間約5分ほど表通りに車を駐車していたら駐車禁止を切られて罰金1万5000円を支払った。
 そして、編集者Bは昨日バスに野菜入りのスーパーの袋と名刺入れを置き忘れ、今日バス会社まで取りに行ったという連絡がさっききた。何故か野菜は消えていて、名刺入れは無事だったらしい。まあ、いちばんダサくて悲惨なのは私のケースだけど、3人が3人とも忘れ物続出の今日この頃。笑い事ではなく、もうレッドカードに近いイエローカード続出の日々なのだ。

200806041538000200806051203000200806051201000


このお方はおばあちゃんだけど、まだ元気です。寝姿3連発。

« 感劇話その65 人情ものにほろり、でござんす。 | トップページ | 感劇話その66 梅雨入りに幸水と蜜柑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエローカード満載:

« 感劇話その65 人情ものにほろり、でござんす。 | トップページ | 感劇話その66 梅雨入りに幸水と蜜柑 »