« ダーリンは東北人その9 禁酒解禁なのだ。 | トップページ | 昏々と。 »

2007年7月21日 (土)

感劇話その46 蕎麦が食べたくなりました。

 今日は毎月の志の輔らくごの日。とはいえ、7時からサッカーアジア杯と、どんぴしゃり重なったので一瞬、出ていくのを迷った。アジア杯の日本の試合が今日行なわれることは、数日前にならないとわからなかった(決まらなかった)わけで、それに対して志の輔のほうは、ひと月以上も前からカヨちゃんがチケットをとってくれて行くことになっていた訳だから、やっぱり志の輔だろう、とは思いつつも、オーストラリア戦はきっとタフな試合になるだろうからオンタイムで見たい、という気持ちが最後まで揺れていたが、やっぱり、私の分も夫にテレビの前からハノイの日本代表に応援光線を送ってもらうことにして、新宿へと向かったのであった。
 すると、いつもならお弟子さんが出てくる1席目から志の輔が登場。いつもの松元ヒロさんのパントマイムをはさんで、3席とも登場してフル回転であった。ご本人は腰痛がひどくて楽屋で待っているより高座に上がって落語をする方がラクなので、とはいっていたものの、かなりのエネルギッシュさであった。「ちりとてちん」「時そば」「唐茄子屋(とうなすや)」の3席。どれも食べ物にまつわる話だったが、いつもながら志の輔の話芸にはしびれる。鯛のさしみをほおばる、そばをすすってつゆを飲む、もう生唾ごっくんもので、ほんとに汁蕎麦が食べたくなってしまった。「唐茄子屋」は、ハッピーエンドの心ほんわり噺で気持ちよく終わった。腰痛は私も人ごとじゃないのでほんとにお大事にしてほしいと思いつつ、ほんとに腰痛いの?というくらいのパワーとエネルギーだった。
 終了後、あわてて携帯でニュースを見たら日本対オーストラリアは延長戦前半で1対1(9時半頃)とのこと。速攻で帰ったらPK戦が終了したあとだったけど、勝っててよかった。録画のPK戦に熱狂。川口すごい。


Nec_0284_1


今月も志の輔は快調。オシムジャパンも好調。

« ダーリンは東北人その9 禁酒解禁なのだ。 | トップページ | 昏々と。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感劇話その46 蕎麦が食べたくなりました。:

« ダーリンは東北人その9 禁酒解禁なのだ。 | トップページ | 昏々と。 »