« カッコ良すぎるよ、マドンナ | トップページ | ぽっかりの日曜日 »

2006年9月30日 (土)

時間は使いよう

 9月も今日で終わりか。そういえば今月はほんとに素敵な女性ばかりにお会いしたのであった。考えてみたら、インタビュー取材はすべて女性だったしなあ……。
 知花くららさんの数日前には、TBSアナウンサーの木村郁美さんにインタビューした。テレビで見るよりもさらにほっそりしていて、大きくて涼しげな目元が印象的。木村さんの名刺はすごい。アナウンサーという文字の下に、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター、と、取得された資格がずらりと並んでいる。美味しく食べることや、生活を楽しむことが大好きなので、自分のためにもっとこれを知りたい、極めたいと思ったことをとことん勉強して、このような資格をとってしまった、というのだ。
 しかし、「資格を取りたい」と言うは易し、実行するは難し、である。彼女はアナウンサーとしての通常業務を毎日こなしながら、仕事が終わった後に眠る時間を削って勉強をした。いちばん大変だったのは、ワインエキスパートのときだったそうで、深夜のファミレスのテーブルに資料本をいっぱいに広げて、何時間もがんばったそうだ。毎日分厚い辞書や資料を仕事場にも持ってきて、お勉強スペースはもっぱら帰りの電車の中やファミレス。自宅よりも外のほうが頭に入り易かったのだとか。毎日顔を人に見られる仕事ゆえ、寝不足でクマや吹き出物ができそうになって困ったこともあったのではないかと思うのだが、「たしかに、最後の追い込みのときは、ほんとにひどい状態でしたね(笑)。でも、以外と肌が強いんですよ」と、屈託なく笑っていた。
 好きこそもののなんとか、というが、なかなかできることじゃないと思う。アナウンサーの日々の仕事だけでも相当な仕事量とストレスを抱えているだろうに、その後でさらに勉強するなんて…….。でも、いい意味で、勉強することで仕事とのバランスをとっていたようなところもあったのだとか。それはなんかわかるような気もした。とはいえ、木村さんが女子アナのなかでも屈指のがんばりやさんであることは間違いない。私なんて、忙しくなると「1日が24時間じゃ足りな〜い! 」とかあせったり文句いったりしてばかりだけど、木村さんのように時間をほんとうの意味でしっかりと有効に使っているのか、考えてみれば、はなはだ疑問……。使いようによっては、同じ1時間が3時間にも、4時間分にも値する実のあるものになるのだ。と、わかってはいるんですけど、ねえ……。

« カッコ良すぎるよ、マドンナ | トップページ | ぽっかりの日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カッコ良すぎるよ、マドンナ | トップページ | ぽっかりの日曜日 »