« 感劇話その4 江戸のDV男 | トップページ | キッチンの戸棚の神様 »

2005年9月26日 (月)

タイムマシンにお願い

 台風の風を気にしつつ、昨日、九州から戻ってきた。夜は近所の寿司屋で食事。出張とか旅から帰ってくると、なんとなくここのお寿司が食べたくなる。常連さんのおじさんと久々に顔をあわせた。おじさんいわく、「いま、ホーキング博士が研究しているのはタイムマシン」なのだとか。理論的には可能らしいよ、とおじさんはいう。本当だろうか。もしも本当にタイムマシンが実現できたら、どの国のどの時代に行ってみたいか、なんていう夢の話でちょっと盛りあがった。
 実家に帰っている間、1日だけ夜に時間がとれたので、中学高校以来の友達Y子さんとご飯を食べることにした。そうしたら、Y子が数人に声をかけてくれて、おもいがけず数年ぶりに同級生の何人かに会うことができた。3~4年ぶりの人もいれば、高校卒業以来会ってなかった人もいて、すごく懐かしかった。高校からの友達もいれば、小中高とずっと同じ学校だった人もいる。小学校6年生の時に私のクラスに転校してきたKくん(いまは口腔外科のドクター)とは、じつに30年以上のおつきあいということになる。高校時代からの友達だって、もうそろそろ30年近い。小学生のときの超生意気な子供だった自分とか、中学高校時代は放課後毎日テニスコートにいた自分のことを知っている人たちがそこにいるって、なんだか不思議な気分だ。
 東京でも時々、同級生で集まって飲むことがあるけれど、いつも思うのは、同級生って、たとえ何年会っていなくても、会った時にはいつもごくフツーに話ができるということだ。もちろんみんな歳をとっているし、それなりに人生を重ねていろんな経験をしてきている。それでも、会えばいつも昔の気持ちで話ができる。20年前、30年前のできごとが、つい昨日のことのように鮮やかにフラッシュバックする。集まるといっつも必ず出てくる学生時代のくだらない思い出話から、いまの仕事や家族の話まで、なんでもかんでもだらだらと楽しく話していられる。それってやっぱり、根っこが同じだという安心感とか信頼感があるからなんだろうなと思う。クラス会とはいえない極々小規模の集まりでも、同級生と会うのって、いってみればちょっとしたタイムマシン的なものかも。ちょっと昔へ時間旅行できる、とっても楽しいタイムマシンだ。

« 感劇話その4 江戸のDV男 | トップページ | キッチンの戸棚の神様 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。