« 食べるにもやっぱり体力が・・・ | トップページ | 感劇話その2 内子座文楽初体験(続き) »

2005年8月29日 (月)

感劇話その2 内子座文楽初体験

 いま出ている「和楽」9月号で、人間国宝・竹本住大夫さんのインタビュー記事を書いている。住大夫さんが、この8月末に愛媛県の内子座で行なわれる文楽公演に出演されるというので、その話を中心にうかがったのだ。内子座は内子町の一角にある歌舞伎劇場で、もともとは大正5年(1916年)の創建。昭和60年に、その創建当時の姿のままに復元されて現在に至っている・・・つまり、明治、大正時代の芝居小屋の雰囲気をいまに伝える劇場、である。内子町は江戸後期から和紙と木蝋の生産で栄えた町で、当時の面影を残す町並みが国の重要伝統的建造物保存地区に選定されている。内子座も、その保存地区からほど近い場所にある。
 住大夫さんは、この昔ながらの芝居小屋らしい芝居小屋が大好きで、公演で訪れるたびに、自分が文楽の世界に入門し、列車で全国を巡業していた昭和20年代頃のことを思い出して、とってもなつかしい気持ちになるのだという・・・そんな話を聞いているうちに、すっかり私も、よ~し、行くぞ、という気持ちになっていた。ここ3年、文楽にはまって東京以外の公演も行けるものは行っているが、内子座で文楽を観たことは、まだなかった。即、チケットを申し込み、その日(6月上旬)から指折り数えてこの日を待っておりました。
 ということで、ついにその日がやってきた。土曜日、朝の便で松山へ。松山から内子までは特急列車で約20分。友人の編集者Sと松山駅のホームでじゃこ天と缶ビールを買って乗り込み、車内でいただきながら、早くも旅気分を満喫。少し早く着いたので、先に瓦屋根と白壁の家が連なる保存地区を散策してから内子座へ。瓦葺き入母屋造りの木造2階建て、という内子座。その入り口は、なんとなく子供の頃に遊んだ近所のお寺の正面と似ていた。ここで靴を脱ぎ、廊下を通って席へ。その行程も、床を踏みながらお寺の本道へ進んで行くような感じだった。客席は、1階も2階も後ろや左右以外は基本的に平席で、舞台と客席がけっこう近い。うーん、初めて来たにもかかわらず、たしかになつかしい雰囲気だ。気分が徐々に盛り上がる(眠くなってきたので、つづく)。

« 食べるにもやっぱり体力が・・・ | トップページ | 感劇話その2 内子座文楽初体験(続き) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。