« 寝ないと、別の人。 | トップページ | キュートな弓曳き童子 »

2005年7月25日 (月)

感劇話その1 めくるめく蒔絵の舞台

 数日前、歌舞伎座で蜷川幸雄演出の『十二夜』を見てきた。『十二夜』はシェイクスピアのロマンティック・コメディー。シェイクスピアの演出で世界的に有名な蜷川さんが、初めて歌舞伎に挑戦するということで、上演前から大きな注目を集めていた舞台だ。
 ちょうど、毎月対談のまとめを担当している「和楽」の今月号で、『十二夜』に出演する菊之助さんに出ていただいたり、制作発表の記者会見にも足を運んだこともあったりして、個人的にもどんな舞台になるのかと、ずっと楽しみにしていた。
 初日からテレビや新聞でも大々的に紹介されて、舞台に大きな鏡が使われていることは知っていたが、いざ幕が開けたとたん、その効果に圧倒されっぱなしで、独特の世界にぐいぐいと引き込まれていった。舞台の後方一面に設置された屏風のような鏡が、あでやかな着物をまとった役者の後ろ姿も、客席までも、すべてを映し出す。さらに、鏡と、その前に置かれた和蝋燭の灯り(西洋風のキャンドルスタンドに立てられていて、とてもおしゃれ)が、醸し出す幻想的な世界。照明を落としたとき、暗く沈んだ鏡の面は、まるで黒光りする漆のようになり、それが、部屋の襖に描かれた蓮の花や(たしか)雲などと合わさって、まるで大画面の蒔絵を見ているような気持ちになる・・・・・・こんな舞台は初めてだった。
 正直、歌舞伎を見て、最後までずっと舞台に釘漬けになっていたのも初めてだったかもしれない。菊之助は大活躍の早代わりでの双子の兄妹を魅力的に演じていたし、菊五郎はさすがに熟練の安定感。亀次郎のお女中もおちゃめだった。取材のとき、菊之助さんが、「蜷川さんから、俺は菊之助と心中するつもりでやる、といわれているんです」といっていたが、蜷川さんにとっては、まじでそれくらいの意気込みだったに違いない。そんな蜷川さんの初挑戦は大成功だったといえるだろう。
 言葉も通常の歌舞伎の言い回しよりも聞き取りやすく、わかりやすかった。この『十二夜』を歌舞伎といっていいのか、悪いのか、私にはわからないが、楽しくて、わくわくして、素敵な舞台だった。こんな歌舞伎があってもいいよねと、大満足で銀座まで歩いて帰りましたです。

« 寝ないと、別の人。 | トップページ | キュートな弓曳き童子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。