2016年12月27日 (火)

感劇話その249 12月文楽公演はとことん忠臣蔵だった。

 年が変わらないうちに12月文楽公演のことを記しておかなければ。
 12月の文楽といえば例年は鑑賞教室が開催されるのだが、今年は国立劇場開場五十周年ということで、討ち入りのあった時期に合わせて『仮名手本忠臣蔵』を第一部、第二部に分けて、通しで。全11段を通しでやるのは珍しく、私も全段を見るのは初めてだった(1日で一気に、は10時間以上になるので、二日に分けましたが……)。
 第一部のハイライトはやはり塩谷判官切腹から城引き渡しの段へと続いていく部分だろう。和生さんの判官切腹のシーンは何度見ても見応え十分。水を打ったように静かになる会場。さすがだった。由良助が駆けつけてきたあたりで、もう涙と鼻水で鼻の周りがぐちゃぐちゃに。
 斧定九郎は落語の『中村仲蔵』を聞いて以来、密かに思い入れのあるキャラクターなんだけれど、文楽では意外にあっさりと描かれているからちょっと肩透かしな気分になってしまいがち……なのだが、もともと役どころとしては登場時間ともにそういう存在なのかもしれない。何しろ、全段通しは長丁場。
 第二部では、おかるの兄の寺岡平右衛門の存在が出てくることで、これまで見たものよりも話の流れがよくわかるのだった。心なしか、一力茶屋の段も山科閑居の段も、これまでよりもたっぷり詳しく上演されているような気分になったんだけど、これは気のせいだろうか。そして、これも初めて見た天河屋の段と、花水橋引揚の段。天河屋義平や、前半以来久々に出てくる桃井若狭之助らが俠気を見せ、彼らのような義士の周囲の人たちの行動が丁寧に描かれることで、物語に深みや面白さが増している気がした。やっぱり、端折らずにちゃんと見せる(見る)、って大事なんだよなあと改めて思った次第なのでありました。

Fullsizerender2

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

「Coffee Break」87号、先月末に発行されました。

 日中に今年最後の取材を済ませ、夜は忘年会。ある広告系のお仕事の打ち上げも兼ねた忘年会だったのだが、メンバーがほぼ「Coffee Break」と同じだった。今年もそのメンバーで楽しいお仕事をさせていただき、感謝、感謝。
 「Coffee Break」の最新号、87号は先月末に無事、発行されている。今回の巻頭特集はアムステルダムのカフェ。インタビューは元女子バドミントン日本代表、オグシオのオグこと小椋久美子さんと、俳優の別所哲也さんに。小椋さんに取材したのはリオ五輪の直前。女子バドミントンのメダルは硬いと力説されていて、本当にその通りになった。とりわけ女子ダブルスのタカマツ・ペアは金メダルを獲得し、小椋さんはちょうどその試合の解説も担当されていた。なので、記事としては後から、五輪後の小椋さんのコメントも追加で入れて構成した。別所さんにお会いしたのは、3、4年前にお芝居のパンフレットのためにインタビューして以来だったけど、最近はラジオのパーソナリティや報道番組の司会など、舞台以外にも八面六臂のご活躍だ。
 ”コーヒーと世界遺産の連載はバチカン市国。イタリアの世界遺産の取材で過去にもお世話になった池上英洋先生に取材。と、今年もいろんな人にお世話になって雑誌を作りました。が、来年はどういう感じになるのかなぁ……
 「Coffee Break」のウェブマガジンのほうも最新版に更新されているので、記事を読みたい方はこちらでも見ていただけます。
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine

Fullsizerender4 Fullsizerender5

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

雑誌「おとなスタイル」にて糸井さんを取材

 先月末に出た雑誌「おとなスタイル」(講談社)にて、糸井重里さんに取材。犬や猫とのご機嫌なつきあい方について聞きました。「おとなスタイル」のメインターゲットは50代女性。ある意味、犬猫を飼い始めるとしたら最後のチャンスの年代、といっていいかもしれないわけで。糸井さんが愛犬ブイヨンちゃんと出会ったのも50代。そのいきさつから、ブイヨンちゃんが家族になってから今日に至るまでの、自分の身に起こったさまざまな変化など、あれやこれや話していただいた。原稿には書けなかったけれど、今後の糸井さんの夢の話に思わず涙腺が決壊しそうになるのを必死でこらえたということもあったりして、私にはとても印象深い取材となった。
 考えてみたら糸井さんとはもう10年以上前(「ほぼ日」のサイト開設の後くらいかな……)に某誌の取材でお会いして以来だったけれど、「ほぼ日」は今や1日に150万以上のPVを誇るといわれる日本最大規模のサイトになっているし、関連のショップやギャラリーもできたり、わんこやにゃんこの写真満載のアプリ「ドコノコ」をスタートさせたりと、相変わらずのご活躍だ。私がわざわざいうことでもないけど、発想の泉とか、尽きることがない人なんだなあという感じ。じわじわと人を巻き込む力、というのかなあ……なんというか、とにかく凄いんだなあ。

Photo
ブイヨンちゃんが可愛いのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

銀座〜半蔵門、コーヒーのはしご。

 今日はいい肉の日だったらしい。お肉、ハムくらいしか食べなかったけど……。午後一から羽田で取材。終わってから銀座へ移動して3時過ぎから遅めのランチ。先月、胃腸を壊して以来、暴飲暴食・刺激物・油ものは控え気味にしているのだが、シンプルなトーストサンドは美味しくて胃にも心地よかった。コーヒーも1杯はおかわり自由ということで、おかわり。その後は銀座で贈り物を物色。予想以上にスムーズに決まって用事が片付いたために、6時過ぎからの次の予定まで、また少し時間ができた。ということで久しぶりに国立劇場の近くの珈琲屋さんへ。
 行って思い出したのだが、こちらのママさんはネコ好きなのだった。とはいっても、これまではお互いネコの話をすることもなかった。たまにしか行かない客だから顔見知りというわけでもないし。にもかかわらず、今日はひょんなことからママさんが飼っていたにゃんこの話をあれこれと聞くことになった。他にお客さんが一人しかいなかったという状況も関係していたのかも。ママさんがかつて飼っていたうちの、あるにゃんこは23歳まで生きたんだって。最後の時の話もしてくださった。大往生だ。となると自然に私も21歳5か月生きたわらびの話に……。結局、あれやこれや猫愛に満ちた話でしばし盛り上がったのでありました。じつは銀座から半蔵門への移動中、フェイスブックの過去の同じ日を振り返るという自動機能でスマホの画面にいきなりわらびが登場し、命日から数日過ぎていたことを思い出してしみじみとしていたのだが、その後の珈琲屋のママさんとのことは、これはきっとわらびに呼ばれたのだなあと、店を出ながら再びしみじみしてしまった。おそらく命日に何もしないまま数日が経っていたからなぁ……と反省。こんなこともあるんだよね。

Img_0996 Img_0999











今日は3杯いただきました♪。


 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

霜月、残すところわずか……、

 気がつけば師走が目の前だ……。今日は次のインタビューの候補者に企画書を作って送ったり、取材することが決まった人に取材希望日をうかがうメールを入れたり、今後、取材するかもしれない人の資料本を検索してポチッとしたり、先月の仕事の請求書を書いたり……といった作業でほぼ半日が過ぎ、夕方にはにゃんこのワクチン接種のために動物病院へ。担当の先生、変わらずにこやかでお元気そうで、よかった。
 隣の診療室からは18歳のわんこの治療をしている声が聞こえてきた。犬種まではわからなかったけれど、長生きしているね、頑張って。待合室にも具合の悪そうなわんこが。そういう姿を見ると、わらびの晩年にしょっちゅう病院に通っていた日々のことを思い出す。今回はうちはワクチン接種だから、診察室でも先生とは楽しい世間話をしたりしていたわけだが、動物病院はいつも悲喜こもごもだ。

Fullsizerender4
鮮やかに色づきすぎました、ピーマンっす。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

取材の後で食べたタイのラーメン、沁みる味……。

 昨日は午前中から恵比寿界隈で取材。終わってからカメラマンさんとランチ。彼が最近、ハマっているというタイ料理屋さんに連れて行ってもらった。じつは2週間前からちょっとお腹を壊し、しばらく食事を制限していた。もうほとんど復活しているのだが、激辛のものと、オイリーなものはまだちょっと躊躇。というわけで、タイ料理を提案されたとき、まずは「辛くないものもある?」と確認。「大丈夫です」というので行ってみた。だって、舌に覚えのある彼がハマっているというのだから、どんな店なのか見てみたかったし。
 ビルの中にある、カウンターが中心のこじんまりしたお店。女性のシェフがシャキシャキと料理を作っている。辛くなさそうなものということで、汁麺にした。たぶんタイ風ラーメンと呼ばれる汁麺の仲間の「クイッティアオ〇〇(なんちゃら)」という名前だったと思うんだけど、忘れた……。麺は細めのビーフン。干しエビのスープに豚肉や鶏肉、たっぷりのもやしとパクチー、そして、おでんのような大根がどーん。美味しかったぁ……リハビリ明けの胃にもやさしく沁みました。

Photo

そうそう、魚のつみれものっかっていた♪。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

Six2号にて東京在住の外国人の住宅を取材

 9月に創刊したライフスタイル誌「Six」(ダイヤモンド社)の第2号が完成しました。

Dwesix1272dpi










 巻頭の特集では、外国に誇れる東京の建築やエリア、料理人などをご紹介。


D9ade687ff0708afe466fd6894f488ad_55










 私が担当したのは、「日本で暮らす、外国人たちの住宅」という記事。”住むことがアート”というテーマで2軒のお宅を取材させていただきました。

072073page1










 分譲マンションを自ら大々的にリノベートしたデザイナーさんと、コンクリートの一戸建てを建てたご夫婦。それぞれの「家」に対する考え方が見事に反映された空間は、とても素敵。どちらも、自分でやるのはまず無理なんだけれど、かっこいいなあと憧れるお住まいでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

音楽特集の記事♪

 そういえば、夏にこんな記事も書きました。怒涛の7、8月。遠い昔……

http://news.yahoo.co.jp/feature/318


| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

三島で超オススメの展覧会、やってます。

 雑誌『Pen』の公式サイト、Pen Online に記事を書きました。なかなか興味深くて、楽しい展覧会、やってます。取材時は真夏だったけど、もうすっかり秋。クレマチスの花、咲いているかな。11月末までなので、また行きたいな……
 お時間ある方はぜひ

http://www.pen-online.jp/feature/art/ikitoshi_ikerumono/1/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

感劇話その248 9月文楽公演は見応えたっぷりだった。

 また3か月ほどブランクが……。毎年、オオカミ少年(つーか、オバちゃん)になっているみたいで恐縮です。が、ブログまだやめたわけじゃないので、念のため。
 今日は、本日千秋楽を迎えた文楽公演(於:東京)のことを。公演の幕が開く少し前、8月の下旬に、人形遣いの人間国宝、吉田文雀さんご逝去のニュースが飛び込んできた。今年の3月に引退を発表されてから半年も経っていなかったのだが、寂しい限りである。私が文楽にはまって15年余……文雀さんにはさまざまな女性の生き様を見せていただいた。
 私にとっての文雀さんといえば、やはり凛とした気品漂う武家の妻、みたいな役どころのイメージが強いのだが、たとえば『良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)』では、幼い頃に生き別れた息子の姿を追い求めてさまよう母の悲しさ、『関寺小町』では老いさらばえた我が身を思う小野小町の哀れさを見せてもらった。また、『摂州合邦辻』の玉手御前は、息子の俊徳丸に対する恋狂いの様子がとても激しくて、情念たっぷりの女性だった。他にも『菅原伝授手習鑑』の松王丸の女房千代、『絵本太功記』の明智光秀の母さつき、『奥州安達原』の袖萩の母、浜ゆう……印象深い女性は数々。ご冥福をお祈りします。
 3日に幕を開けた東京公演では、国立劇場開場50周年を寿ぐ出し物として『寿式三番叟』と、『一谷嫩軍記』が上演された。三番叟は能舞台のセットに翁と千歳が登場し、天下泰平を祈る翁の舞に続いて二人の三番叟が五穀豊穣を寿ぐ舞いを行うという本格的な内容。これまで見た中では、二人の三番叟の舞いのみのバージョンが多かったけれど、今回はフルバージョンで見応えたっぷりだった。
 『一谷……』もフルバージョン。これまでは後半の二段(熊谷桜の段、熊谷陣屋の段)のみの上演が中心だったが、今回は、初段、二段目と、三段目の最初の二つの段も上演。熊谷が我が子を犠牲にして敦盛の命を守り抜いた経緯がよりよくわかったし、脇が浜宝引きの段では、数人の百姓を巧みに語り分ける咲太夫さんに圧倒されて、楽しかった。このフルバージョン(通し狂言)は国立劇場では約40年ぶりのことだそうで。次の12月には『仮名手本忠臣蔵』も通しで上演される予定で、こちらも楽しみ。

Fullsizerender16_a Fullsizerender17aFullsizerender18_a_2


| コメント (0) | トラックバック (0)

«サントリーホールの情報誌で館長の対談記事を……